市販されてる「麻の実」から大麻を育てても意味ないよって話。

最近、有名人が大麻取締法でつかまったすぐ後に、京都で「鳥の餌の麻の実」から大麻を栽培したとして逮捕されたニュースがあった。

http://mainichi.jp/articles/20161101/k00/00e/040/191000c

いろんな意味で心底アホだなぁと思っていたました。
するとその翌日くらいに、ロケットニュースが下記記事を公開。

【大麻栽培】鳥の餌「麻の実」を発芽させて逮捕された京都の男についてドラッグ事情通に話を聞いてみた

このロケットニュースには、運営者の中に大麻好きのライターがいるのか、割と大麻(ヘンプ・マリファナ)について肯定的な記事を書いてきていることは知っていた。大麻事情通の「ボブ麻亜礼」とライターの問答形式をとっており、誰にでも読みやすく書かれている。

だけれども、今回の「鳥の餌の麻のみから大麻栽培」に対する事情通「ボブ麻亜礼」の視点がどうもボケボケな印象でした。(てか本当に大麻事情通?であるなら、もう少し有益な情報を世間にお知らせしましょうよ!)

ということで、変わって私が突っ込み入れますね~。

“市販されてる「麻の実」から大麻を育てても意味ないよって話。” の続きを読む

日本の大麻・世界の大麻(大麻の品種について)~®マークがついた大麻も~

日本で立て続けに捕まった大麻関係者の話題が非常に世間を賑やかしました。
日本にも大麻栽培者がいるのか!?と驚いた方もいたと思います。
実は都道府県の知事の許可があれば栽培可能です。(ほぼ許可は下りない。)また同時に、三重県の神社庁・大学・地元有志が大麻栽培を復活させるとのニュースもありました。(これは神道と大麻が切っても切れない関係性があるからです。詳しくはそのうち)
これらのニュースをみて、栽培しても良い大麻?品種?医療大麻?違いがわからなかったひとも多いかと思います。

改めて大麻の品種について、意外に日本の大麻業界の大半の人も分かっていない情報を整理してみたいと思います。

“日本の大麻・世界の大麻(大麻の品種について)~®マークがついた大麻も~” の続きを読む

産業用大麻(ヘンプ)栽培者の農家と医療用大麻推進論者の逮捕について

今回、立て続けに大麻・ヘンプ関連の有名人が二人捕まった。

産業用大麻(ヘンプ)の栽培免許取得者である上野氏と、医療大麻推進論者で元女優高樹沙耶こと益戸氏である。

私はネットの片隅で無駄口を叩いているだけの人間なので、偉そうなことは何も言えないが、せっかくなのでそれぞれに向かって一言書いておく。(どちらもまだ起訴されていないので、なんとも言い切れないが。)

上野氏・・・バカたれ!ヒッピーみてーな格好してて、普通に考えて免許取り立てのときからずっと警察にマークされてたと思うよ。折角の栽培者免許が勿体無い。普通に麻農家してれ産業用大麻(ヘンプ)でおまんま食えて最高の生活だっただろうに。もう日本の伝統的な大麻栽培も終わるね。ちょっと悲しいね。

益戸氏・・・どうせ捕まるなら、医療用として本当に必要としている人に譲渡して捕まれよ。折角の初犯が勿体無い。ただ現在は否認してるとことで、裁判でバチバチやってください。
もし次があるなら、その時は大麻堂の麻枝氏や桂川氏のようなかっこいい捕まり方してください。

二人に対しては、これで終わり!!!
家族や仲間がたくさんいるだろうに、よくそんなことができるよな~というのが実際思うところです。

あと、世間の皆様、このブログの読者様へ
幾つか思うことを書いてみました。

“産業用大麻(ヘンプ)栽培者の農家と医療用大麻推進論者の逮捕について” の続きを読む

大麻(マリファナ)が好意的に描かれているフランス映画「最強のふたり」

近年、特に西欧諸国では大麻(マリファナ)のイメージは徐々に変容していることが、特に顕著に娯楽産業での取り扱われ方を通して感じることが多いです。

少し前の映画で、「最強のふたり(邦題)」というフランス映画をご存知でしょうか。ウィキペディアによると、フランス歴代3位の興行収入の大ヒット作だそうで、日本国内でもスマッシュヒットをした模様で、国内公開のフラン映画の興行収入が1位だったとのこと。 “大麻(マリファナ)が好意的に描かれているフランス映画「最強のふたり」” の続きを読む

マルチ材(農業資材として) 産業用大麻(ヘンプ)の活用方法

マルチ(農業資材)としても利用できるヘンプ

産業用大麻の木質部(麻幹[オガラ]と呼ばれる)と繊維部分のクズ(すさなど)は、マルチ材として利用可能です。

最近では爬虫類用のヘンプの敷料が売られていたりもしています。

楽天 株式会社アヴェル

“マルチ材(農業資材として) 産業用大麻(ヘンプ)の活用方法” の続きを読む