CBDオイルの説明書(CBDの選び方・含有量・濃度・フルスペクトラム・安全性)

CBDオイルやリキッドの購入を検討する上で、結構大事なポイントである、CBD含有量・濃度・フルスペクトラム・安全性についてなどから、CBDオイル・リキッドのメリット・デメリットの比較など、説明書的なものを書いてみました。

CBDの製品形態について

CBDは親油性(脂溶性)の成分です。その為、食用油脂に溶かしたものは「CBDオイル」として販売されています。グリセリンに溶かしたものは、「CBDリキッド」(電子タバコで吸う)として販売されていることが多いです。CBDオイルを食品に含めたCBDチョコレートや、CBDガムなどは日本でも購入することができるようで、海外ではグミなんかもありますね。飲むタイプではカプセルタイプもあります。海外ではCBDウォーターといった商品もあるようです。

CBDの含有量と濃度の関係について

CBDを買う前に、CBDの含有量とCBDの濃度について、わかりやすくしておく必要がありますね。
CBDオイルやリキッドはmlの単位で表示されていますが、例えば30mlのボトルにCBD300mgとすれば、(0.3g/ 30gで)約1%の濃度と言えます。厳密には30mlの油は27g程度となるので、1%以上ではあるのですが、便宜的に1%と表示してるメーカーが多いようです。(グリセリンは30mlだと37g程度なので、300mg/30mlのリキッドの実際の濃度は1%未満となりますね。)
CBDの含有量が多ければ、価格も高くなってきます。濃度が高くても、少量ボトルであれば、価格は抑えることができます。

CBDを買う際に濃度が高ければ良いのか問題がありますが、一番大事なのは、「どれだけのCBDを摂取したか把握できるようにしておく」ということだと考えます。1スポイトや1カプセルでどのくらいのCBDを摂取できるのか、各メーカーやブランドの説明書きを確認すると良いです。

特に、なんらかの疾病に対してのセルフケアでのCBDオイルの利用を考えている人は、どのくらいのCBDを摂取したら睡眠が良くなる、精神が安定するなど、効果(体感)とCBD摂取量の相関性を確認&メモすると良いと思います。

“CBDオイルの説明書(CBDの選び方・含有量・濃度・フルスペクトラム・安全性)” の続きを読む

cbdオイルの効果・効能・仕組みと医薬品「エピディオレックス」との違いについて

最近、CBDオイルにかなり注目しています。

というのも、CBDオイルは実際に「効く」からです。パートナーのPMSには即効性もあり、痛みや疾病に悩まされていない人にとっても、リラックスしたい時、ゆっくり寝たいとき、筋トレの後には最高のサプリメントです。

ヘンプ・大麻の可能性にはいつもワクワクさせられるのですが、CBDも調べれば調べるほど面白いと思える成分であることが分かってきました。

また、CBDを使った製薬「Epidiolex(エピディオレックス)」はついにアメリカFDAで承認され、DEAでも規制レベルが変更となり、大麻由来製薬としてアメリカ国内で処方薬として販売されることになりました。

今回は改めてCBDオイルが体に効く仕組みが非常に面白いのでまとめてみました。

CBDオイルの効果・仕組み

◯CBDは脳内大麻成分(内因性カンナビノイド)の濃度を高める!

あまりしっかりとは分かっていませんが、CBDは元来身体で作っている「内因性カンナビノイド」の濃度を高める事によって、身体の恒常性を高めているのではないか?という仮説が有力となっています。

まず、おさらいになりますが、CBD(カンナビジオール)とは、大麻に含まれるカンナビノイドと呼ばれる成分の一種です。カンナビノイドの代表格はTHC(テトラヒドロカンナビノール・陶酔性あり)とCBD(陶酔作用なし)で、この2つが最も有名です。

これらのカンナビノイドは、体内にある「カンナビノイド受容体」に結びつき、様々な効能を発揮します。

そもそも人体では「内因性カンナビノイド(AG-2やアナンダミドなど)」を自身で生み出し、自身のカンナビノイド受容体に結びついていることが分かっています。内因性カンナビノイド=体内で生成しているマリファナ成分とも言われたりします。

内因性カンナビノイドが受容体に結びつくことは、人体の常に一定であろうとする調節機能(ホメオスタシス)に関連しているのではないか、というのが今の最も有力な仮説となっています。

さて、大麻由来のカンナビノイドのTHCは、このカンナビノイド受容体に普通に結びつくことができます。そうすることで、脳細胞・神経細胞・免疫細胞など体中に働きかけることができます。(大麻を吸ってハイになる状態)

その一方、大麻由来のCBDはTHCのように直接的に受容体に結びつくことはできないようです。

ただし、体内で作られている「内因性カンナビノイド」を代謝(分解)する酵素の働きを抑えることが分かっています。また、余った内因性カンナビノイドは細胞に戻る(これを「再取り込み」と呼びます)が、その再取り込みを阻害することも分かっています。

これが意味するところは、CBD(カンナビジオール)によって、因性カンナビノイド(脳内マリファナ)の濃度が高くなることを意味します。

CBDオイルのメーカーウェブサイトなどで言われる「調節機能を整える」というのは、正直なんのことかよくわからないと思いますが、要するに、内因性カンナビノイドが体内で働きやすい環境を生み出す、ということなのです。

CBDオイルの摂取→体内のカンナビノイド濃度が高まる→心身の調整機能の向上が今現在までの研究の最先端の見解だそうです。 “cbdオイルの効果・効能・仕組みと医薬品「エピディオレックス」との違いについて” の続きを読む

ヘンプクリートの日本の取扱・販売企業まとめ

ヘンプクリートとは、産業用大麻(ヘンプ)の茎の木質部(麻幹)を細かく破砕したものと、石灰等を混ぜたもので、主に断熱材や壁の建材として利用されます。

建築用のコンクリートほどの強度はないので住宅に使用する場合は、型枠にコンクリートように流し込んで押しつぶし、壁を作るのに使うことが多いようです。

https://inhabitat.com/nations-first-hempcrete-house-makes-a-healthy-statement/new-8-50/

耐熱性・防火性・断熱性など必要とされる性能を備えているだけでなく、木質部を利用することによる調湿性があり、バイオマス素材ですので非常にエコフレンドリーな素材です。

ヨーロッパ・北米を初めとした地域の、環境意識の高い人々が家造りをする際に使うことが多いようです。

ヘンプクリートの国内販売会社

日本でも、下記の会社がヘンプクリートに関する商品の取扱があるようです。 “ヘンプクリートの日本の取扱・販売企業まとめ” の続きを読む

産業用大麻(ヘンプ)の合法化法案がアメリカ連邦議会へ提出

記憶では5~6年ほど前からCBD(カンナビジオール)が注目され始め、CBDオイルの国内への輸入が始まり、まさに産業用大麻(ヘンプ)のブレイクスルーだったと思います。国内では次々とCBDの輸入業者が乱立し、現在に至るまでCBD戦国時代が続いている感じです。実際、一部の人にはQOLの向上に非常に役立っているようで、さすが大麻パワーと言ったところです。私も原資があれば挑戦して一儲けしたかったなぁと、、、貧乏人は新たな挑戦さえできないのだ。

アメリカでは産業用大麻(ヘンプ)の合法化法案が提出

ところで、2018年4月にアメリカでは産業用ヘンプの栽培合法化へ向けた動きが進んだようです。フォーブスの記事によると、ケンタッキー州選出の共和党議員ミッチ・マコーネル氏が、精神活性成分の含まれていない産業用ヘンプ品種を規制薬物から外す法案を提出したようです。
加えて、産業用ヘンプを栽培加工する際に現在障壁となっている、銀行との取引許可・水利権・作物保険の適用など、各種の制限を取り除く内容が盛り込まれているとのこと。 “産業用大麻(ヘンプ)の合法化法案がアメリカ連邦議会へ提出” の続きを読む

マリファナVSヘンプが栽培解禁になると発生するかも

キーワードは雄株・受粉・シンセミア

日本では、大麻草の栽培は非常に厳しく規制されています。栃木県と一部他県で伝統産業向け・伝統行事向けの栽培が認められているだけです。
他方、海外のカナダ・中国やヨーロッパでは産業用ヘンプの栽培は盛んになってきいます。カナダ・EU・中国は主に産業用大麻(ヘンプ)を主体に、大規模栽培が行われており、多くのヘンプ食品・麻繊維・CBDなどの原料を世界へと供給しています。アメリカは医療・嗜好品向け大麻栽培が活発になっており、一方で産業用ヘンプの栽培規制も緩和され、法整備が整ってきた州もあります。

ますます進んでいくと思われる産業用大麻&医療用大麻ですが、これらは異なった品種を使っております。 “マリファナVSヘンプが栽培解禁になると発生するかも” の続きを読む