てんかんの犬へのCBDオイル投与の症例報告(日本の獣医大学による論文)

CBD(カンナビジオール)は産業用ヘンプ(大麻草)に含まれる陶酔作用のない成分ですが、エンドカンナビノイドシステムに働き掛け、抗炎症作用や慢性疼痛、その他様々な疾病に対して有用である可能性がある成分です。

ただ、このCBDは、昨年要約アメリカでは難治性てんかん向けに医薬品として承認を得たばかりで、日本国内においては医薬品として認められていません。まだ臨床試験も始まっていない状況です。(CBDはサプリメントとして流通しています。)

人間向けのCBDの効果や選び方については、こちらにまとめてますのでご一読ください。

CBDは人間のみならず、脊椎動物であれば、結びつく受容体が存在するとされており、ペット(犬や猫)にも同様に有効である可能性が示唆されています。

そんな中、日本のヤマザキ動物看護大学が、3匹の犬にCBDオイルを与えた症例報告(論文)を発表したとの情報を見つけました!素晴らしいですね!簡単にご紹介します。

てんかんを患う犬に対するCBDオイル投与の臨床研究

◯論文は下記よりPDFでダウンロード可能(全文英語)
https://www.uco.es/ucopress/ojs/index.php/pet/article/view/11800/10795

以下、簡単に要約とまとめてみます。

調査対象と調査方法

てんかんの症状を持つ3匹の犬に、8週間にわたってCBDオイルを与えた。それぞれ、日常的にてんかん発作を起こしているオスの犬。

①3歳のラブラドール・レトリバー。体重33kg。生後6カ月頃からてんかん発作に苦しんでいる。30日に一回程度のスパンで発作が発生する。発作時は痙攣を起こす。抗てんかん薬の投与は行っていない。

②11歳のパピヨン。体重4kg。4歳のときに初めて発作を起こした。コンセーブ錠ゾニサミド)を抗てんかん薬として15mg/kg 1日2回処方している。2~3か月の間隔で発現する。発作時は失禁及び口から泡を吐く症状を伴う。

③10歳のチワワ。体重2kg。3歳のときに初めて発作を起こした。発作時は痙攣と泡を吐く症状を伴う。今年に入って2回症状が発現した。間隔はイレギュラー。抗てんかん薬の投与は行っていない。

ココナッツオイルにCBD含有ヘンプエキストラクトが含まれたフルスペクトラムCBDオイル(PetReleafというアメリカのペット用CBDブランド)を、各個体に対して空腹時に1日2回与えた。

①にはCBD0.51mg/kg/day ②にはCBD1.24-1.25mg/kg/day ③にはCBD5mg/kg/day をそれぞれ投与した。

8週間の試験期間中に2週間ごとに状態を評価した。 “てんかんの犬へのCBDオイル投与の症例報告(日本の獣医大学による論文)” の続きを読む

ホップ由来CBDオイル製品の虚実?論文不正や発明者の疑わしさと調査報道、北米での現状について。

ホップ由来CBD製品というものが、日本で販売されているようですね。
このブログを見ている人は、すでにCBDオイルを知っていて、「ホップ由来CBDて何?」と思った人、もしくはホップ由来CBD製品を販売してみたい(ネットワークビジネスの販売者)という方が多いと思います。

最初に答えをお伝えしておくと、ホップ由来CBD製品は、疑惑が多すぎるCBD製品です。日本で販売しているホップ由来CBDとされる商品も、下記で紹介するアメリカ企業「Peak Health社」と契約して輸入されている商品です。その怪しさが100%晴れるまで、販売元の会社に問い合わせるなり、英語情報を常にウォッチするなりされたほうが良いと思います。

「Peak Health Center(アメリカの企業)」「ImmunAG™(ブランド名)」「Humulus Kriya(ホップのブランド名称)」などがこの怪しげな製品に関わりのある固有名詞です。ココらへんのキーワードを見たら要注意です。

なお、詳細は下記のアメリカの大麻関連ニュースメディア「Pot network」の調査報道記事で、その数々の疑惑を追求しております。簡単に要約を記載したいとおもいます。
ホップ由来CBDについて興味を持たれた方は、最後まで目を通すことをおすすめします。

◯Pot network
A Pot Network News investigative report: Bomi Joseph’s “hops-derived” CBD was a world-changing cannabis alternative fought over by Isodiol and Medical Marijuana Inc. But he lied about his discovery — and his identity.(ポットネットワーク・ニュースの調査報道 : ボミ・ジョセフの「ホップ由来CBD」は、イソジオールとメディカル・マリファナが争った、世界を変える大麻の代替品だった。だが、彼はその発見と彼自身のアイデンティティについて嘘をついた。)

https://www.potnetwork.com/news/potnetwork-news-investigative-report-bomi-josephs-hops-derived-cbd-was-world-changing-cannabis

要約① 創始者の一人「ボミ・ボバン・ジョセフ博士」が元詐欺師の可能性。

The investigation by PotNetwork News, based on an in-depth review of Mr. Joseph’s research, a trove of confidential documents, and interviews with people familiar with the events discovered that Dr. Bomi Boban Joseph is, in fact, Moses Sunith Prasad Joseph, a former venture fund manager and convicted con artist who stole over $20 million from Wells Fargo Bank, Bank One, and Eastman Kodak, among others, in the early 2000s.
(ボミ・ボバン・ジョセフ氏が実は、元ベンチャーファンドマネジャーで、2000年代初めにウェルズ・ファーゴ銀行、Bank One、コダックなどから2000万ドル以上を盗んだ詐欺師のモーゼス・スニス・プラサド・ジョセフであることが判明した。)

2000万ドル!凄まじい金額です。写真は元記事にあり、非常に似ています。なお、証拠となる画像等はすべてpot networkが提示していますので、是非元記事をご一読されると良いと思います。(google chromeで翻訳)

要約② 論文の70%以上がパクリ

The so-called Dr. Bomi Joseph plagiarised that paper — upwards of 72 percent word-for-word and the rest with some creative reshuffling — publishing it in a journal of his own making, Journal of Medical Phyto Research, under the title “Identification of cannabidiol from Humulus Kriya using x-ray crystallography.”(ボミ・ジョセフ”博士”と称するこの人物は、この論文を盗用し、72%以上はそのまま盗用し、残りは創造的な入れ替えによって、「X線結晶学を用いたHumulus Kriyaからのカンナビジオールの同定。」というタイトルで、自身が執筆したJournal of Medical Phyto Research誌に掲載した。)

なお、Christoffel博士らが国際結晶学連合で発表した論文をパクったとのことで、パクられたChristoffel博士自身が声を挙げてこのホップCBDを糾弾しています。(Christoffel博士は過去10年間学術誌 「Journal of Ethnoparmacology」 の査読者)
ジョセフ氏このパクリ論文に対する説明求めたところ、論文の共著者が行ったことと、すべての責任を負わせる回答を行ったようです。

また、“Bioactive cannabidiol more greatly reduces valvular interstitial cell calcification when combined with ß-Caryophyllene, and α-Humulene,”という論文は、“Role of the MAPK/ERK pathway in valvular interstitial cell calcification.”という論文に30%一致しているとのこと。

さらに、これらが掲載されているジャーナルは、すべてジョセフ氏自身の作ったジャーナルでの発表されたものということです。(つまり第三者による正当な評価が行われていない論文ということになります。)

要約③ ホップ由来CBDの証拠が一切提示されていない。

またChristoffel博士は「植物中のCBDの真の含有量を判断するには、乾燥植物部分1グラム当たりのミリグラムの数値(CBD含有量)が重要である。」と考えるが、抽出のステップ・他のホップ成分に対するCBDの比率は指標となる数字など、このホップ由来CBDについては、説明が一切ないことに疑問を呈しているとのこと。

ちなみに、そのホップ品種は「大麻とホップが自然に交雑した新しい品種」を見つけたと喧伝しています。これについても証拠は一切提示されることなく、自分のジャーナルで公表したパクリ論文だけを論拠に、ホップ由来CBDが存在すると喧伝しているようです。

要約④ 大量のCBDアイソレートをCBDメーカーから入手していた。

ネバダ州のCBDメーカーCenturiaから、CBD50mgのTHCフリーのCBDを2000本、他にもisodiol というカナダのCBDメーカーからCBDを購入していたとのこと。(※CBDアイソレートというのは、ヘンプ・マリファナから抽出したCBDを更に分離し、結晶状にしたものです。これを油脂に溶かせばCBDオイルを作ることができます。つまり、CBDアイソレートをホップエキスに注入しているだけの可能性の疑惑が強まります。

以上が、論文で糾弾していることの主なまとめです。

なお、現在は北米の大手CBDブランドでこのホップ由来CBDを販売しているところはないです。

北米では、いくつかのCBD・大麻ブランドで、このホップ由来CBDというものを販売していた期間があります。マーケティングのためにあえてこの怪しげな商材に乗ったのか、本当に騙されていたのかはわかりません。もしかするとファームビル改正(産業用ヘンプが合法になった)のも影響しているのかもしれませんが、もはや、中小以上のCBDブランドでは、一切販売されていません。

◯Medical marijuana inc 傘下の2

medical marijuana inc のページでは以前はホップ由来CBDを取り扱っていたようですが、現在では取り扱っていません。

・webアーカイブ
https://web.archive.org/web/20180907202605/https://shop.medicalmarijuanainc.com/real-scientific-humulus-oil-rshok-4oz-1000mg-cbd-liquid-bottle

・現在
https://shop.medicalmarijuanainc.com/real-scientific-humulus-oil-rshok-4oz-1000mg-cbd-liquid-bottle (ページ削除済み)

・Real Scientific Hemp Oil (RHSO)

https://hempmedspx.com/product-category/rsho-k/ (こちらも削除済み)

hempmedsではホップ由来CBD製品はRSHO-Kというラインで以前は販売がありましがしれっと取扱いを辞めています。RSHOは日本でも販売されていますが、このブランドは信頼しないことにしました。

・Kannaway
https://kannaway.com/homepage-v2-2/ (古い画像ページ残っていました。ヘッダーからのリンクの、製品詳細説明が削除済み)

kannawayに至っては、動画でウキウキでアナウンスしている動画がyoutubeに残っています。https://www.youtube.com/watch?v=AInI3ERZEao

上記2社は、特にホップ由来製品に対する弁明やプレス発表を行わずに(少なくとも私が確認する限り)、製品やそれに関わるページを削除していることからも、さっさと水に流したいというのが本音ではないでしょうか。

日本では?日本のCBD業者とホップ由来CBD

ヘンプナビ
ここでは、RSHO-Kの取扱いしてなかったようですが、紹介記事だけありました。
https://www.cbd-oil.jp/news/298

株式会社クラウドナイン
ここはホップ由来CBDが売りとしている国内のCBD業者さんです。上記の怪しいPeak health Centerのホップ由来CBDなるものを扱っているようです。Peak health Centerは取引先でしょうから、ポットネットワークの記事への反論や本当にホップ由来CBDである証拠を引っ張り出してきて頂きたいです。
https://www.cloud9-cbd.co.jp/product/

ほかにも、http://hikarulandpark.jp/shopdetail/000000002309/このあたりも騙されちゃってるか、しっかりとした下調べをせずに乗っかっているのかもしれません。

※※※遺伝子組み換えであれば、ホップや他の植物からもCBDを作ることは不可能では無いとおもいますが、このホップ由来CBDは天然ホップ由来としているので、詐欺の可能性が高いです。※※※

※※※当ブログは、ヘンプ・大麻草の有効活用や普及を応援するものです。大麻由来のCBDを、あたかもホップ由来であるかのように偽っている可能性が高いホップCBDを販売することについて、非常に違和感と嫌悪感を感じております。※※※

CBDオイルの説明書(CBDの選び方・含有量・濃度・フルスペクトラム・安全性)

CBDオイルやリキッドの購入を検討する上で、結構大事なポイントである、CBD含有量・濃度・フルスペクトラム・安全性についてなどから、CBDオイル・リキッドのメリット・デメリットの比較など、説明書的なものを書いてみました。

CBDの製品形態について

CBDは親油性(脂溶性)の成分です。その為、食用油脂に溶かしたものは「CBDオイル」として販売されています。グリセリンに溶かしたものは、「CBDリキッド」(電子タバコで吸う)として販売されていることが多いです。CBDオイルを食品に含めたCBDチョコレートや、CBDガムなどは日本でも購入することができるようで、海外ではグミなんかもありますね。飲むタイプではカプセルタイプもあります。海外ではCBDウォーターといった商品もあるようです。

CBDの含有量と濃度の関係について

CBDを買う前に、CBDの含有量とCBDの濃度について、わかりやすくしておく必要がありますね。
CBDオイルやリキッドはmlの単位で表示されていますが、例えば30mlのボトルにCBD300mgとすれば、(0.3g/ 30gで)約1%の濃度と言えます。厳密には30mlの油は27g程度となるので、1%以上ではあるのですが、便宜的に1%と表示してるメーカーが多いようです。(グリセリンは30mlだと37g程度なので、300mg/30mlのリキッドの実際の濃度は1%未満となりますね。)
CBDの含有量が多ければ、価格も高くなってきます。濃度が高くても、少量ボトルであれば、価格は抑えることができます。

CBDを買う際に濃度が高ければ良いのか問題がありますが、一番大事なのは、「どれだけのCBDを摂取したか把握できるようにしておく」ということだと考えます。1スポイトや1カプセルでどのくらいのCBDを摂取できるのか、各メーカーやブランドの説明書きを確認すると良いです。

特に、なんらかの疾病に対してのセルフケアでのCBDオイルの利用を考えている人は、どのくらいのCBDを摂取したら睡眠が良くなる、精神が安定するなど、効果(体感)とCBD摂取量の相関性を確認&メモすると良いと思います。

“CBDオイルの説明書(CBDの選び方・含有量・濃度・フルスペクトラム・安全性)” の続きを読む

cbdオイルの効果・効能・仕組みと医薬品「エピディオレックス」との違いについて

最近、CBDオイルにかなり注目しています。

というのも、CBDオイルは実際に「効く」からです。パートナーのPMSには即効性もあり、痛みや疾病に悩まされていない人にとっても、リラックスしたい時、ゆっくり寝たいとき、筋トレの後には最高のサプリメントです。

ヘンプ・大麻の可能性にはいつもワクワクさせられるのですが、CBDも調べれば調べるほど面白いと思える成分であることが分かってきました。

また、CBDを使った製薬「Epidiolex(エピディオレックス)」はついにアメリカFDAで承認され、DEAでも規制レベルが変更となり、大麻由来製薬としてアメリカ国内で処方薬として販売されることになりました。

今回は改めてCBDオイルが体に効く仕組みが非常に面白いのでまとめてみました。

CBDオイルの効果・仕組み

◯CBDは脳内大麻成分(内因性カンナビノイド)の濃度を高める!

あまりしっかりとは分かっていませんが、CBDは元来身体で作っている「内因性カンナビノイド」の濃度を高める事によって、身体の恒常性を高めているのではないか?という仮説が有力となっています。

まず、おさらいになりますが、CBD(カンナビジオール)とは、大麻に含まれるカンナビノイドと呼ばれる成分の一種です。カンナビノイドの代表格はTHC(テトラヒドロカンナビノール・陶酔性あり)とCBD(陶酔作用なし)で、この2つが最も有名です。

これらのカンナビノイドは、体内にある「カンナビノイド受容体」に結びつき、様々な効能を発揮します。

そもそも人体では「内因性カンナビノイド(AG-2やアナンダミドなど)」を自身で生み出し、自身のカンナビノイド受容体に結びついていることが分かっています。内因性カンナビノイド=体内で生成しているマリファナ成分とも言われたりします。

内因性カンナビノイドが受容体に結びつくことは、人体の常に一定であろうとする調節機能(ホメオスタシス)に関連しているのではないか、というのが今の最も有力な仮説となっています。

さて、大麻由来のカンナビノイドのTHCは、このカンナビノイド受容体に普通に結びつくことができます。そうすることで、脳細胞・神経細胞・免疫細胞など体中に働きかけることができます。(大麻を吸ってハイになる状態)

その一方、大麻由来のCBDはTHCのように直接的に受容体に結びつくことはできないようです。

ただし、体内で作られている「内因性カンナビノイド」を代謝(分解)する酵素の働きを抑えることが分かっています。また、余った内因性カンナビノイドは細胞に戻る(これを「再取り込み」と呼びます)が、その再取り込みを阻害することも分かっています。

これが意味するところは、CBD(カンナビジオール)によって、因性カンナビノイド(脳内マリファナ)の濃度が高くなることを意味します。

CBDオイルのメーカーウェブサイトなどで言われる「調節機能を整える」というのは、正直なんのことかよくわからないと思いますが、要するに、内因性カンナビノイドが体内で働きやすい環境を生み出す、ということなのです。

CBDオイルの摂取→体内のカンナビノイド濃度が高まる→心身の調整機能の向上が今現在までの研究の最先端の見解だそうです。 “cbdオイルの効果・効能・仕組みと医薬品「エピディオレックス」との違いについて” の続きを読む

米国コカ・コーラがCBD(カンナビジオール)飲料!?その背景とCBDの補足

コカ・コーラが大麻飲料を?!

コカ・コーラが、カナダの「オーロラ・カンナビス社」と大麻飲料(!?)への参入を検討しているとのニュースが報道されました。

日本では、かなりの衝撃をもってこのニュースは受け止められたようで、色々なメディアが報じています。特にハフィントンポストは簡潔にまとめられて読みやすいです。

当ブログでも紹介している大麻関連のビジネスを行っているコンステレーションブランズ・キャノピーグロースなど、またCBDについてざっくりと紹介していました。

なぜコカ・コーラがCBD飲料を検討しているのか?なぜ検討できるのか?

ハフィントンポストでは、下記のようにGWファーマシューティカルズのEpidiolexというCBD製剤が、てんかん向けでFDAに承認されたことを紹介しています。またその後には医療大麻や嗜好大麻についての言及があります。

背景にはアメリカ政府の方針転換
こうした動きの背景にはアメリカ政府の方針転換がある。
アメリカの食品医薬品局(FDA)は6月25日、大麻から抽出した成分で作った新薬を初めて承認した。難治性のてんかんの治療用にCBDを精製したもので、今秋の販売を目指している。
アメリカの一部の州では、娯楽や医療用として大麻の利用が認められているが、連邦法では禁止されているが、これまで慎重だったアメリカの医療分野での大麻の研究が広がる可能性が出てきていた。
https://www.huffingtonpost.jp/2018/09/18/coke-cannabis_a_23530724/

大麻について詳しくないと、全然わからないですよね。医薬品として承認されたのはわかるんですが、なぜそれをコカ・コーラが販売検討しているのか?コカ・コーラがお薬売るの?連邦法で禁止されているのに販売できるの?と思ったあなたは素晴らしい!この辺りをもう少し詳しく掘ってみましょう。

アメリカ産の産業用ヘンプ由来のCBDは合法

実は、すでにCBDオイルはアメリカ国内でもサプリメントとして流通しており、(アメリカ国内の産業用ヘンプ由来のCBDに限っては原則として)規制の対象にあてはまらないんですね。産業用ヘンプに関する農業法ではTHC(酔っぱらう成分)をほとんど含まない大麻は種子や繊維向けに栽培されています。その茎から抽出されたCBDが流通しています。ヨーロッパ産の産業用ヘンプ由来のCBD製品も普通に流通しています。

マリファナ由来のCBDは大麻合法州に限っては問題なく販売できますが、連邦法では違法です。コカ・コーラはこの違法なマリファナ由来CBD飲料の検討を行っているのです、実は!

なぜなら連邦法ではいまだにマリファナ自体が規制薬物だからです!

FDAの承認からのDEAの規制見直しが視野に!

連邦法では違法なはずのマリファナ由来のCBD飲料を、なぜ米国コカ・コーラが参入検討をできるのか!?ということについて、ハフィントンポストも報じている通り、食品医薬品局(FDA)つまりアメリカの厚生労働省みたいな官庁が、マリファナ由来のCBD製剤を承認したことに加えて、麻薬取締局(DEA)がCBDの規制見直しを行う可能性が高いということがあります。 “米国コカ・コーラがCBD(カンナビジオール)飲料!?その背景とCBDの補足” の続きを読む