CBDオイルの説明書(CBDの選び方・含有量・濃度・フルスペクトラム・安全性)

CBDオイルやリキッドの購入を検討する上で、結構大事なポイントである、CBD含有量・濃度・フルスペクトラム・安全性についてなどから、CBDオイル・リキッドのメリット・デメリットの比較など、説明書的なものを書いてみました。

CBDの製品形態について

CBDは親油性(脂溶性)の成分です。その為、食用油脂に溶かしたものは「CBDオイル」として販売されています。グリセリンに溶かしたものは、「CBDリキッド」(電子タバコで吸う)として販売されていることが多いです。CBDオイルを食品に含めたCBDチョコレートや、CBDガムなどは日本でも購入することができるようで、海外ではグミなんかもありますね。飲むタイプではカプセルタイプもあります。海外ではCBDウォーターといった商品もあるようです。

CBDの含有量と濃度の関係について

CBDを買う前に、CBDの含有量とCBDの濃度について、わかりやすくしておく必要がありますね。
CBDオイルやリキッドはmlの単位で表示されていますが、例えば30mlのボトルにCBD300mgとすれば、(0.3g/ 30gで)約1%の濃度と言えます。厳密には30mlの油は27g程度となるので、1%以上ではあるのですが、便宜的に1%と表示してるメーカーが多いようです。(グリセリンは30mlだと37g程度なので、300mg/30mlのリキッドの実際の濃度は1%未満となりますね。)
CBDの含有量が多ければ、価格も高くなってきます。濃度が高くても、少量ボトルであれば、価格は抑えることができます。

CBDを買う際に濃度が高ければ良いのか問題がありますが、一番大事なのは、「どれだけのCBDを摂取したか把握できるようにしておく」ということだと考えます。1スポイトや1カプセルでどのくらいのCBDを摂取できるのか、各メーカーやブランドの説明書きを確認すると良いです。

特に、なんらかの疾病に対してのセルフケアでのCBDオイルの利用を考えている人は、どのくらいのCBDを摂取したら睡眠が良くなる、精神が安定するなど、効果(体感)とCBD摂取量の相関性を確認&メモすると良いと思います。

“CBDオイルの説明書(CBDの選び方・含有量・濃度・フルスペクトラム・安全性)” の続きを読む