cbdオイルの効果・効能・仕組みと医薬品「エピディオレックス」との違いについて

最近、CBDオイルにかなり注目しています。

というのも、CBDオイルは実際に「効く」からです。パートナーのPMSには即効性もあり、痛みや疾病に悩まされていない人にとっても、リラックスしたい時、ゆっくり寝たいとき、筋トレの後には最高のサプリメントです。

ヘンプ・大麻の可能性にはいつもワクワクさせられるのですが、CBDも調べれば調べるほど面白いと思える成分であることが分かってきました。

また、CBDを使った製薬「Epidiolex(エピディオレックス)」はついにアメリカFDAで承認され、DEAでも規制レベルが変更となり、大麻由来製薬としてアメリカ国内で処方薬として販売されることになりました。

今回は改めてCBDオイルが体に効く仕組みが非常に面白いのでまとめてみました。

CBDオイルの効果・仕組み

◯CBDは脳内大麻成分(内因性カンナビノイド)の濃度を高める!

あまりしっかりとは分かっていませんが、CBDは元来身体で作っている「内因性カンナビノイド」の濃度を高める事によって、身体の恒常性を高めているのではないか?という仮説が有力となっています。

まず、おさらいになりますが、CBD(カンナビジオール)とは、大麻に含まれるカンナビノイドと呼ばれる成分の一種です。カンナビノイドの代表格はTHC(テトラヒドロカンナビノール・陶酔性あり)とCBD(陶酔作用なし)で、この2つが最も有名です。

これらのカンナビノイドは、体内にある「カンナビノイド受容体」に結びつき、様々な効能を発揮します。

そもそも人体では「内因性カンナビノイド(AG-2やアナンダミドなど)」を自身で生み出し、自身のカンナビノイド受容体に結びついていることが分かっています。内因性カンナビノイド=体内で生成しているマリファナ成分とも言われたりします。

内因性カンナビノイドが受容体に結びつくことは、人体の常に一定であろうとする調節機能(ホメオスタシス)に関連しているのではないか、というのが今の最も有力な仮説となっています。

さて、大麻由来のカンナビノイドのTHCは、このカンナビノイド受容体に普通に結びつくことができます。そうすることで、脳細胞・神経細胞・免疫細胞など体中に働きかけることができます。(大麻を吸ってハイになる状態)

その一方、大麻由来のCBDはTHCのように直接的に受容体に結びつくことはできないようです。

ただし、体内で作られている「内因性カンナビノイド」を代謝(分解)する酵素の働きを抑えることが分かっています。また、余った内因性カンナビノイドは細胞に戻る(これを「再取り込み」と呼びます)が、その再取り込みを阻害することも分かっています。

これが意味するところは、CBD(カンナビジオール)によって、因性カンナビノイド(脳内マリファナ)の濃度が高くなることを意味します。

CBDオイルのメーカーウェブサイトなどで言われる「調節機能を整える」というのは、正直なんのことかよくわからないと思いますが、要するに、内因性カンナビノイドが体内で働きやすい環境を生み出す、ということなのです。

CBDオイルの摂取→体内のカンナビノイド濃度が高まる→心身の調整機能の向上が今現在までの研究の最先端の見解だそうです。 “cbdオイルの効果・効能・仕組みと医薬品「エピディオレックス」との違いについて” の続きを読む