CBDの本当に効果的な摂取方法

いろんな人が、CBD製品に興味を持っていますね!健康のために、初めて見るといいと思います!

CBDはオイルは、飲んで摂取したり、舌下(口内粘膜)で摂取したり、VAPE機器を使ってエアゾルや気化蒸気で摂取したり、水溶性タイプのもので水に溶かして飲んだり、それぞれのライフスタイルに合わせた取り入れ方ができるのも非常に優れたポイントだと思っています。

個人的には、オイルとかカプセルとかで食べて摂取するのが好みですが、どうすればより効果的にCBDの体感を上げることができるのだろうか、と、ずっと実験を繰り返していました。

そこで出た結論が↓です。
6月の時点で下記のようにつぶやきまして、

 

結果から申し上げると、この経験則を裏付ける研究結果が!!!

うーん、やっぱりね!
みんなもCBDオイルを経口摂取する際は、より効果的にCBDを吸収するために、油分の豊富な飯を食べましょう。

ーーーーーーーーーーー

ちなみに、CBDパウダー500mgをそのまま食べてみる、という実験もしました。

いつもと同じように、CBD摂取後に夕食を食べたのですが、、、

1時間経過・・・何もなし
おかしいですね。

胃腸で消化物とCBD結晶がうまく溶けたりするかな?と思っていましたが、あまり上手く行かなかったみたいです。よくよく後で考えたら、CBDの融点は66℃程度だから、そりゃ体内でも固体のままの可能性が高いです。
固体のままであれば、腸壁などに触れる面積が少なく、そのためCBD吸収量が増えず、満足な体感が得られなかったのではないかと推測しています。

これもどこかの国の誰かが研究してくれてるかもですね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。