てんかんの犬へのCBDオイル投与の症例報告(日本の獣医大学による論文)

CBD(カンナビジオール)は産業用ヘンプ(大麻草)に含まれる陶酔作用のない成分ですが、エンドカンナビノイドシステムに働き掛け、抗炎症作用や慢性疼痛、その他様々な疾病に対して有用である可能性がある成分です。

ただ、このCBDは、昨年要約アメリカでは難治性てんかん向けに医薬品として承認を得たばかりで、日本国内においては医薬品として認められていません。まだ臨床試験も始まっていない状況です。(CBDはサプリメントとして流通しています。)

人間向けのCBDの効果や選び方については、こちらにまとめてますのでご一読ください。

CBDは人間のみならず、脊椎動物であれば、結びつく受容体が存在するとされており、ペット(犬や猫)にも同様に有効である可能性が示唆されています。

そんな中、日本のヤマザキ動物看護大学が、3匹の犬にCBDオイルを与えた症例報告(論文)を発表したとの情報を見つけました!素晴らしいですね!簡単にご紹介します。

てんかんを患う犬に対するCBDオイル投与の臨床研究

◯論文は下記よりPDFでダウンロード可能(全文英語)
https://www.uco.es/ucopress/ojs/index.php/pet/article/view/11800/10795

以下、簡単に要約とまとめてみます。

調査対象と調査方法

てんかんの症状を持つ3匹の犬に、8週間にわたってCBDオイルを与えた。それぞれ、日常的にてんかん発作を起こしているオスの犬。

①3歳のラブラドール・レトリバー。体重33kg。生後6カ月頃からてんかん発作に苦しんでいる。30日に一回程度のスパンで発作が発生する。発作時は痙攣を起こす。抗てんかん薬の投与は行っていない。

②11歳のパピヨン。体重4kg。4歳のときに初めて発作を起こした。コンセーブ錠ゾニサミド)を抗てんかん薬として15mg/kg 1日2回処方している。2~3か月の間隔で発現する。発作時は失禁及び口から泡を吐く症状を伴う。

③10歳のチワワ。体重2kg。3歳のときに初めて発作を起こした。発作時は痙攣と泡を吐く症状を伴う。今年に入って2回症状が発現した。間隔はイレギュラー。抗てんかん薬の投与は行っていない。

ココナッツオイルにCBD含有ヘンプエキストラクトが含まれたフルスペクトラムCBDオイル(PetReleafというアメリカのペット用CBDブランド)を、各個体に対して空腹時に1日2回与えた。

①にはCBD0.51mg/kg/day ②にはCBD1.24-1.25mg/kg/day ③にはCBD5mg/kg/day をそれぞれ投与した。

8週間の試験期間中に2週間ごとに状態を評価した。

調査結果

①ラブラドール・レトリーバー
→8週間の間にたった2回の発作のみ。CBD投与期間終了後中5日以内に1回発作が起きた。日中の睡眠時間が長く、他の犬が興奮していても吠える回数が少なく、改善していたと飼い主は報告した。

③チワワ
→治療期間中に1回だけ発作を起こした。飼い主はチワワの発作の間の痙攣がわずかに弱まったと報告した。また、親しい人々(飼い主の子どもたち)に対してみせる攻撃的な姿勢の減少を報告した。

②パピヨン
→飼い主は、何も改善されていないと報告。期間中に8回発作を起こした。飼い主は、犬が食餌をより喜んで食べ、落ち着きが増し、昼間はもっと長く眠ったと述べた。

研究者は、この研究では、発作の頻度がかなり改善されたとしているが、犬の数が少ないので、さらなる研究が必要だとまとめています。

ーーーー 論文の内容はここまで ーーーー

もしも愛犬へのCBDオイルの投与を考えている方は、①②③の体重1kgあたりのCBD摂取量を是非参考にしていただければと思います。

なお、今回のケースレポートで使用されたCBDオイルは日本では販売されていないようですが、詳細調べるとMCTオイル&CBDオイルのみ使用の、割と一般的なフルスペクトラムCBDオイルと同等品のようでした。

※19年5月2日追加
詳細が報告されていないので、結果のみの共有ですが「犬のけいれん発作に対する大麻草由来. 「カンナビジオール(CBD)」の有用性」なる論文もみつかりました。11頭のてんかん症状をもつ犬に効果があったようです。 http://www.jcam-net.jp/data/pdf/20020.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。