ヘンプ生地の購入方法 購入サイト一覧

先日、「世界一高品質なヘンプ生地の購入先」をご紹介しましたが、ヘンプの布の購入先は日本ではあまり多くないのが現状です。日本でヘンプ生地が購入できる日本のサイト・企業の一覧を情報収集しまとめてみました。

その他、日本のヘンプ ブランド・メーカー一覧、(海外ヘンプブランド一覧ヘンプ食品メーカー一覧ヘンプ化粧品メーカー一覧など、ヘンプまとめもチェックしてください。

 

ラミノ(トスコ株式会社) http://ramino.biz/index.html

麻世妙世界一高品質で世界一高いかもしれないヘンプ生地の購入できます。 トスコ株式会社を調べたところ、麻(リネン・ラミー・ヘンプ)全般の糸や生地の大手紡績会社・生地メーカーのようです。
麻世妙というのは、エイベックス(レコード会社)が支援し、麻生地の研究者・和服の帯匠が関わっている大麻生地の復興プロジェクト。知人に買った人がいて触らせて貰ったが、まさに上質。中国の大麻を日本で紡績しているそうです。

 

タケミクロス

store店 https://takemicloth.stores.jp/
ウェブ直営店 http://www.takemicloth.co.jp/catalog/index/1/14.html

静岡県のリネンを主とした生地屋さん。ヘンプ生地も多数。静岡には直営店店舗もあるとのこと。国内で生地を織っていて、イタリアのヘンプの糸を使っているらしい。
以前ヘンプ関係の知人にヘンプ100%の生地の織るのは難しいと聞いていたのだが、ここではたくさんの種類の生地が置いてあるようだ。

 

M’s 工房

ウェブ直営店 http://www.ms-koubou.com/fabric/hemp.html

アジアのビンテージ生地のお店。ヘンプ生地も数種類のみ取扱あり。

 

ASAFUKU(麻福)

楽天市場店 http://www.rakuten.co.jp/asafukuhemp/index.html
ウェブ直営店 http://asafuku.jp/

ヘンプの小物など以外にも、ヘンプ生地も販売している。中国製の生地や、国産の生地を販売。種類豊富。

 

ファブリックマルシェ

楽天市場店 http://item.rakuten.co.jp/grtrading/c0075/

ヘンプ100の天竺が販売されている!(B反)だけど買ってみたいと思います。

 

ムラカ

ウェブ直販店 http://www.muraka-eshop.com/

iichi店 https://www.iichi.com/shop/mahura

なんだか気持ちよさそうなブランケットなど置いてあります。生地も数点取扱位あり。

 

麻布館

ウェブ直販店 https://shop.asanuno.com/

リネンを中心とした麻の生地屋さん。ヘンプ100%のワッフル生地というのを取り扱っているよう。

 

生地の森

楽天の中にある生地屋さん。店舗はない模様。ヘンプ生地1種のみ確認しました。

 

その他、日本全国のヘンプ生地取扱店を見つけ次第追加していきたいと思います。

おすすめ医療大麻必読書「医療大麻の真実」(福田一典)

「大麻の安全性」と「大麻の有効性」について、医学的な検証を行っている書籍です。筆者は元国立がんセンター研究所にて癌の予防を研究されてきた、医師の福田一典氏。

昭和28年福岡県生まれ。昭和53年熊本大学医学部卒業。
熊本大学医学部(外科)、久留米大学医学部(病理学)、北海道大学医学部(生化学)、米国バーモント(Vermont)大学医学部(生化学)にてがんの臨床や基礎研究を行う。
平成4年から株式会社ツムラ中央研究所にて漢方薬理の研究に従事し、平成7年から国立がんセンター研究所にてがん予防の研究を行う。
平成10年から岐阜大学医学部東洋医学講座にて、東洋医学の臨床及び研究や教育に従事。
平成14年5月に銀座東京クリニックを開設し、がんの漢方治療と補完・代替医療を実践している。

現在は開業医としてがん医療の現場で、多くの患者さんに治療を行っているとのこと。

実は大麻は抗がん剤による全身の痛み、食欲減退・吐き気、不眠などの症状全てに有用性が認められ、副作用が限りなく小さく、クオリティーオブライフを高めることができると言われています。(※日本では全人口の二人に一人は癌に罹患する可能性があります。)

現場の医師がその有用性を解説しており、活用をするべきだと至るには、当然医学的なデータや臨床試験を確認しているわけですが、本書では下記のような目次で、大麻の医療使用に関する基本情報から、各疾病へどのように作用するのかなどを簡潔にまとめてあります。

大麻に興味がある人は必ず読むべきですし、まだまだ大麻の医療活用について疑っている人は、是非一読することをオススメいたします。

《目次》
第1章 大麻の医療使用の歴史
第2章 大麻はタバコや酒よりも害が少ない
第3章 大麻草成分に反応する体内システム
第4章 がん治療と医療大麻
第5章 疼痛と医療大麻
第6章 神経難病・てんかんと医療大麻
第7章 消化器製疾患と医療大麻
第8章 大麻成分の相乗効果(アントラージュ効果)
第9章 大麻取締法第四条:大麻の医療使用の禁止
(※本書より抜粋)

Weedend的にオススメの読みどころ。
第3章はなぜ大麻が人体に効くのか、その仕組みを解説。ここを理解すると、大麻がなぜ医療用途となりえるのか説明できるようになります。(流石に難しい医療用語がでてきますので難しい内容ではありますが。)

 

世界一品質の高い大麻(ヘンプ100%)生地の購入方法

大麻の生地(布)は古くは縄文の頃から日本人が利用してきた、非常に生活に関わりの深い素材です。天皇の即位の儀式(大嘗祭)には大麻から織った衣「麁服(あらたえ)」が使用されるのはヘンプフリークには有名な話ですが、江戸初期ほどまでは、大麻は世間の衣料素材の一つでした。

現在は日本原産の大麻を使用した生地は、そもそも繊維用の大麻は育てていないので、悲しいことにまず手に入らないわけなのです。
それだけでなく、工業製のヘンプ生地もなかなか安定的に入手するのが困難です。ヘンプ100%の外国産のヘンプ生地でさえも、通常の生地屋さんではほとんど取扱がありません。

で、本題の最高品質のヘンプ100%の生地の購入の仕方について。

なんと、ヘンプアパレル一覧のページでも紹介しているファブリックブランド「麻世妙(まよたえ)」のヘンプ100%生地が購入可能となりました。

http://ramino.biz/majotae.html

以前伊勢丹にこの麻世妙の生地使いのシャツを見に行きましたが、質の高さこれまで見て触ったどの大麻布をも超える品質だったのは、鮮明に覚えています。原料は中国産大麻原料を使用とのことですが、現状「世界最高品質のヘンプ生地」ということは間違いないとのことです。(ヘンプ好き知人・談)

各商品の在庫もあまり多くないようですので、絶対に今が買い!!!

なのですが、お値段高すぎ!ふざけろ!1cmあたり100円!? 50cmからつまり最低5000円から?

1万円/mの生地ですが。

大麻布をもう一度、
日本のスタンダードファブリックに。

http://majotae.com/about/

ふざけすぎぃぃぃぃ!スタンダードとはなんぞや?

国内で糸から作り始めているとかで値段が高くなっているらしいのですが、もはやそこに掲げてあるビジョンを達成するつもりが毛頭無いことを物語った価格設定となっております。

何はともあれ、使用糸の種類や折り方によっては50円/1cm程度の生地もあるようなので、ヘンプ100%生地を買いたい人は、要チェックです。

ちなみに、この「麻世妙(まよたえ)」はエイベックス&伊勢丹ホールディングスとタッグを組んだとの記憶がありましたが、2017年 現在は伊勢丹の名前が消えていることに気が付きました。あんまり採算性が合わなかったのかな?

ヘンプオイル使用の化粧品ブランド一覧

大麻の実(タネ)は、食品として非常に優れており、今やスーパーフードとして注目を集めています。「ヘンプ食品メーカー一覧」では日本で購入できるヘンプ食品を紹介しておりますが、このページでは、麻の実オイルを使用した化粧品をご紹介。

ヘンプ食品はメーカー・輸入業者が急激な勢いで増えています。また、「ヘンプ服・アパレルメーカー 一覧」で確認できますが、ヘンプ衣料のメーカーも増えています。

一方、ヘンプオイルは良質な油脂のため、化粧品・コスメ等にも使用されています。数年前からウォッチはしていますが、あまり取扱いメーカーは多くなく、商品もそこまで増えていません。

今回は、麻の実オイルを使用した基礎化粧品・スキンケア用品をピックアップしました。

(ただしスキンケア・美容用途に対するヘンプオイルの科学的有用性やエビデンスは、色々探しましたが見つかりません。ご存知でしたらお知らせください。)

 

THE BODY SHOP

ヘンプオイル使用のハンドクリーム・リップクリームなど展開。1998年から世界中で販売しているロングセラー商品です。フランス産のヘンプシードオイル使用。100mlの大きなハンドクリームチューブに約950個分の麻の実オイルが使用されている。購入し使ったことはあります。確かに強い保湿力を感じますが、匂いの好き嫌いが別れるところかと。

 

シャンブル

日本のヘンプ化粧品のメーカーといえば、「chanvre」です。カナダ産の良質なオーガニックヘンプオイルを使用とのこと。クレンジングオイル、化粧水(ローション)、石鹸、ベースオイル、ナイトクリームなどのヘンプスキンケア用品各種を販売。

 

ドクターブロナー

アメリカのオーガニック化粧品。http://www.drbronner.jp/concept/certification.html 各国でオーガニック認定など得ているようです。ヘンプオイルも各商品に使用されているようです。量販店で購入可能、

 

中川政七商店 麻之実油のボディケアシリーズ

麻の実油を使用したシャンプー・リンス・ボディソープ・入浴剤・UVカットクリーム・ボディクリーム・ハンドクリーム・マッサージオイル・石鹸など。洒落たデザイン。

 

デニス

男性向けのヘアワックスです。
使用したことがあり、なかなかおすすめです。小洒落たセレクトショップや量販店で購入可能。

 

マラケシュオイル

アルガンオイルとヘンプシードオイル使用だとか。今回はじめて目にしました。口コミ求む。

 

※化粧品の成分表示を確認しよう!
化粧品がどのような原材料を使用しているかは、商品のラベルやウェブサイトに記載されています。ちなみに、原料は「使用量の多い順」に記載されています。ヘンプオイル使用と書かれていても、他の油脂より配合量が少ない場合も多々ありますのでよく確認してください。(※1%未満の原料はメーカーの任意の順番で表示)

 

大麻で22人摘発!8kgは8万回分以上(当社比)長野県と大麻について

本日はとんでもない大麻ニュースが飛び込んできましたね。

移住先で大麻所持容疑、22人を逮捕 うち12人が夫婦
朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASJCT3F2QJCTUTIL00M.html

NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161125/k10010783671000.html

一気に22人の逮捕はここ10年くらいで一番大きな逮捕劇ではないかと思います。

8㎏の押収量とは

今回は、約8kgの乾燥大麻と数本の大麻草が押収されたというこです。
これ、麻薬取締部は「1万6000回」の使用量としてますが、一人で一回使うのは0.1gもあれば十分です。一人で使えば、「8万回使用分」の大量の大麻かと思います。
人間が一生に吸える大麻の量くらいはあると思うんですねー
(品質にもよりますが、3〜4人で0,5gを無駄なく使えば、3〜4回くらいは回して吸えるんでは。一晩はまったり過ごせそう。)
また、大麻クッキーを作ったりと相当な大麻愛好家達だったかと思われます。

as20161125001350_comm as20161125001338_comm

画像を見る限りでは、「アウトドア(室外)」で育てた大麻のようですね。(インドアで肥料・光量などを調整して育てたものは、もっと密度がある)
無駄な葉っぱのトリミングとかもされて無くて、結構荒い扱いしてそうな感じ。しっかり保存しないとカビ生えちゃうよ。とにかく、暴力団など以外でこれだけの量を保持しているのは、なかなかだなぁと。

長野県と美麻村と大麻

今回捕まった方の一人の所在地は「長野県大町市美麻」
なんとも皮肉なことに、「美しい麻が取れる」ことが地名の由来となっている場所だったのです。
2006年の市町村合併前は「美麻村」と呼ばれていました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%8E%E9%BA%BB%E6%9D%91
もちろんこの美麻村の由来の麻は、同じ大麻でも繊維用の大麻(産業用ヘンプ)だったのですが、大麻・ヘンプ愛好家にはよく知られた名前です。(30年程度前は、伝統用途用の大麻栽培が行われていたようです。)

この人達は、そんな「美麻」に引き寄せられた人だったのかもしれませんね。

ちなみに、美麻村だけでなく長野県はかつては大麻栽培が盛んな土地でした。美麻村の「山中麻(さんちゅうあさ)」と呼ばれるブランド麻でした。他にも麻績村(おみむら)といった、「麻の糸を績(う)む」という意味の地名なども残っています。
長野県の険しい山間部では、畑作が中心だったわけですが、とりわけ、大麻栽培と蕎麦の栽培はセットで行われていたようです。(そういえば善光寺の七味にも大麻の種子は入っていますね。)
また、温泉地に行けば、大麻の茎の繊維を剥がしやすくするために温泉に漬ける「麻釜(オガマ)」が残っていたりと、実は大麻栽培の名残が色濃い土地なのです。

雑感

たくさんの大麻を所持していたようですが、ヤクザマネーになるわけでもなし、(個人の嗜好の範囲で)社会的損失が無いようなケースの逮捕は、やっぱりいくら法律があるといっても納得できないんだなぁ。(リバタリアン的な考えです。)長野で取れるぶっ飛びキノコ「ベニテングタケ」の栽培所持だったらOKだったのかな?大麻のほうが遥かに安全なんだけど、法律ってそういうことだもんなぁ。うーん、悲しいかな、とにかく日本では大麻は吸わないのが一番です。おわり