ヘンプシード・麻の実ナッツ ヘンプ食品メーカー 一覧

現在、メディアを賑わせている「ヘンプシードオイル」「ヘンプナッツ」「麻の実食品」ですが、これも基本的には大麻草の種子を使用しております。種子には陶酔成分は含まれておりませんのでご安心してお召し上がりいただけます。

ヘンプ食品の栄養素は折り紙つき。亜鉛・鉄分などのミネラルが豊富で、いわゆる必須脂肪酸を多く含んでおります。必須脂肪酸とは、オメガ3やオメガ6といった、体内で生産できないため食事より摂取が不可欠な成分です。

なお、ヘンプナッツの一大生産地はカナダ、中国。その他、オーストリアなどがあります。(産業大麻の大量生産が可能な国は少ないです。)

このページでは、各メーカー(輸入社)、取扱商品、食べたことがあるものは一言感想をご紹介。

ヘンプ食品メーカー 一覧

ヘンプキッチン http://www.hempkitchen.jp/
○日本で最初にヘンプ食品を本格的に販売をはじめた、20年以上の実績と信頼あるメーカー。カナダ産で粒小さめ。美味しいです。
取扱商品:有機麻の実油、有機麻の実ナッツ、有機麻の実ナッツ(非加熱)、有機ヘンプパウダー、麻の実入り本格パスタ、麻の実入り米粉のパンケーキミックス、麻の実そば、麻の実入り玄米がゆ

ヘンプフードジャパン http://hempfoods.jp/
○近年最も勢いのあるヘンプ食品メーカー。種が大きく、美味しいです。
取扱商品:ヘンププロテイン、ヘンプシードオイル、ヘンプシード

Nutiva (輸入社:株式会社アスプルンド)  http://www.asplund.co.jp/brands/entry-184.html
○アメリカの健康食品ブランドNutiva(ヌーティバ)。
取扱商品:オーガニックヘンプパウダーハイファイバー、オーガニックヘンプオイル

Pacific ヘンプミルク (輸入社:オンガネジャパン株式会社) http://www.ongane.co.jp/det-362r.html
○カルディコーヒーなどでも取り扱っている。調整(味付け)してあり、甘くて飲みやすかったです。昔はヘンプブリスというものをヘンプキッチン社も販売していたのですが、現在はヘンプミルクはここだけっぽい(2016年現在)
取扱商品:ヘンプミルク

Biosoul http://www.biosoulfoods.com/
○情報が少なくよくわかりませんが、オーストリア産のヘンプナッツを使用。
取扱商品:オーガニック麻の実

スタースーパーフーズインターナショナル (販売:ディノス) http://www.dinos.co.jp/p/1356400173/
カタログ通販・オンラインショッピングの大手「ディノス」でも、ヘンプオイルの取り扱いが開始されたようです。カナダ産。
取り扱い商品:ヘンプオイル

 

世間が少しづつ大麻草(ヘンプ)の有用性に気づいてきたようですね。これがブームに終わらないことを望むばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。