産業用大麻(ヘンプ)の活用用途とメーカーのまとめ

産業用大麻(ヘンプ)とは、THCの濃度が低く、産業用に利用される大麻の総称です。ヘンプは、太古から人々が利用してきたもので、主に繊維用途や、縄の材料などとして活用されてきました。

産業技術の革新とともに活用用途も広がり、また、ヘンプの「農薬がほとんど不要・灌漑も不要」というエコフレンドリーな特性が再評価されています。

このページでは、産業用大麻(ヘンプ)の活用用途とその製品・メーカーなどをご紹介したいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。