大麻のSEX〜マリファナ・ヘンプの「雄株・雌株・雌雄同株・雌株優勢・フェミナイズド」について

今回は、大麻(産業用ヘンプ・マリファナ)のSEX(雄・雌)についてまとめてみます。

産業用大麻(ヘンプ)についての解説をしているウェブサイトなどでは、大麻はは雄株と雌株によって交配する、(オス・メスが分かれている)「雌雄異株(しゆういしゅ)」の植物と説明されています。
ですが、特にヒトとの関わりにおいて大麻(マリファナ・ヘンプ)における性別は、単純な性差異というだけにとどまる話では無いので、もう一歩踏み込んだ話をと思います。

長文になってしまったので目次を作りました。

“大麻のSEX〜マリファナ・ヘンプの「雄株・雌株・雌雄同株・雌株優勢・フェミナイズド」について” の続きを読む

日本国内のヘンプ服ブランド・メーカー一覧

日本でヘンプ衣料を作っている会社やアパレルブランドを紹介していこうと思います。順不同。製品によってはヘンプが使用されていない場合もあるので個別に確認して下さい。機能性も環境へのメリットも非常に高いヘンプがもっと日本に定着するといいなぁと思ってます。(2017年3月更新)

ヘンプ食品メーカー・ブランド一覧はこちら
ヘンプの化粧品などのメーカー・ブランド一覧はこちら
ヘンプ生地通販サイト一覧はこちら

ヘンプ 国内アパレルブランド・メーカー 一覧

Ruderals http://ruderals.com/

最近見つけたヘンプ100%のTシャツを作っているブランド。大麻100%に惹かれ早速買ってみた。→https://www.amazon.co.jp/dp/B01M1Y8W7U クセはあるが思った以上に着心地よし。チクチク感少なくヘンプコットンよりは好き。ヘンプサングラスも取り扱っている。ヘンプ100%の他の製品を待ちたい。

 

Black cat surplus http://blackcatcooperative.com/

カジュアル衣料ブランド。どちらかというとストリート寄り?実物を見る機会があったが、ヘンプコットン素材のプリントシャツなどイケてた。ヘンプコットンのトランクなど良さそう。AMAZONでも買えるみたい→https://www.amazon.co.jp/dp/B01IFCHJA8

 

麻世妙 http://majotae.com/

自然布研究家 吉田真一郎×帯匠 山口源兵衛×三越伊勢丹×エイベックスのプロジェクト。ファブリックブランドとして、コレクションブランド等とのコラボを中心に展開している。総じてパンピーには手に届きにくい価格帯。大麻布はスタンダードファブリックになりうるか?
最近、国産の大麻(精麻)から紡績し生地を作ったとのこと。革命的な事らしいのですが、その製品は一体おいくらに??
<麻世妙の生地を使用したブランド>
伊勢丹オンライン
おそらく三越伊勢丹ホールディングス傘下のブランドから、10種程度の麻世妙生地使用の服が販売されています。pasdecalais
「パドカレ」バックグラウンドはよくわからないですが、こちらも麻世妙使用ブランド。売り切れ商品多数のようです。ブランド詳細はこちらから。

 

lunati Canapa  http://lunaticanapa.jp/

ヨガウェア。ヘンプコットンの生地から開発しているからなのか、大半の商品が受注生産(在庫していない)のよう。カラフル。

 

Green cover  http://www.gallet.co.jp/brand/green-cover/

株式会社ギャレットって会社のブランド「green cover」(たぶん靴下のみ)。OEM・卸屋で、coen、jeans mate、ドン・キホーテなんかでも売られていた。ヘンプの混率はめちゃくちゃ少なそうだが、手ごろな価格については◎。試しに買ってみては?

 

go hemp http://www.gowest.jp/

もはやヘンプを使ってない服も多々あるけど、デザイン性の優れたアパレルブランド。アメリカンカジュアルをベースに、アウトドア・フェス感が強い。レディース・メンズともにZOZOTOWNなどでも取り扱われてたりしています。作りとデザインはどのペンプブランドよりイケてる。

 

a hope hemp http://www.ahopehemp.com/

「ヘンプソックス」「ヘンプTシャツ」で有名。カラフルでおしゃれなソックスが多く、自然食品店や雑貨屋さんなんかでも取り扱いがあり、目にすることも多い気がする。今度買ってみる。ソックス買ってみた。耐久性○、デザイン○、機能性△ ソックスのヘンプの混率は少ない。

 

phatee wear http://www.phateewear.com/

海外ブランドっぽいのだが、海外のサイトが見当たらない謎。manastash と同じくRobert Jungmannという人が作ったブランド。らしい。よくわからんのでもう少し調べる予定。アウトドア系。

 

かぐれ
楽天 公式通販サイト
公式サイト http://www.kagure.jp/

アーバンリサーチの天然素材・ナチュラルコスメなどのブランド。日本の様々な工場・ブランドとのダブルネーム商品の展開が中心。

 

enishi http://www.enishi.biz/

沖縄から発信するヘンプアパレルブランド。

 

HiHiHi http://hihihi.co/
ヤマタマ http://www.magic-theater.org/other-items/hihihi_yamatama.htm
あちゃらか http://www.magic-theater.org/other-items/accha.htm

久々にサイトを覗いたら、リニューアルされてgoodなウェブサイトに更新されていた模様。イケてる集団ですね。ヘンプ系アパレルで一番イケてる感じ。

 

Payaka http://payaka-onlineshop.com/

ヒッピー系のお店で、独自ブランドも幾つかあるみたい。こういうの好きな人はとことん好きなんだろうなぁというブランドです。

 

rainbow water http://rainbow-water.jp/

タイのフェアトレードヘンプということらしいです。ナチュラル系。

 

tokyo hemp connection http://tokyohempconnection.com/

略してTHC(笑)ナイスなネーミングです。2015年頃から更新されてませんね。もう廃業されたんでしょうか。気になるところです。数少ないヘンプ×ストリートっぽいブランドです。すでにブランドは廃止しているようです。オーナーはヘンプが関係ないアパレルで勝負しているとかいう噂です。

 

Orimina http://www.oromina.com/

ヘンプ系のアパレルを取り扱う小売店さんですが、オリジナルブランドも。海外ヘンプブランドも積極的に取り扱っている模様。店内の雰囲気も非常によいお店です。

 

Planeta Organica http://planeta-organica.com/

オーガニックコットンやヘンプなどにこだわり、タイでものづくりを行なっている模様。

 

renature http://renature.jp/

古くからヘンプ系の服を作っている。Tシャツ・パーカーなど。Le”a Lani(レアラニ)という姉妹ブランドもあり。満月の布というのもここのブランドか?(満月の布の説明がすごく胡散臭い。)

 

ASAFUKU(麻福) http://asafuku.net/

靴下・手袋・マスク・寝具など、他で取り扱いの少ない商品が多い。また、ヘンプの生地・糸などの取り扱いも。積極的な情報発信がGood。

 

大麻堂 http://www.taimado.com/

言わずと知れた大麻堂。喫煙具のみならず、多岐にわたる製品を販売しております。服・衣料品も各種取り扱ってるようです。

 

うさと http://www.usaato.com/

タイのヘンプを手紬糸を使用ということらしいです。作務衣とか、貫頭衣みたいな服とか、ざっくりした服のイメージ。

 

忠兵衛 http://hemp-chubei.jimdo.com/

こちらも、作務衣とか貫頭衣みたいな服。なんというジャンルなのでしょうか。教えて下さい。

 

 

 

ヘンプ生地の購入方法 購入サイト一覧

先日、「世界一高品質なヘンプ生地の購入先」をご紹介しましたが、ヘンプの布の購入先は日本ではあまり多くないのが現状です。日本でヘンプ生地が購入できる日本のサイト・企業の一覧を情報収集しまとめてみました。

その他、日本のヘンプ ブランド・メーカー一覧、(海外ヘンプブランド一覧ヘンプ食品メーカー一覧ヘンプ化粧品メーカー一覧など、ヘンプまとめもチェックしてください。

 

ラミノ(トスコ株式会社) http://ramino.biz/index.html

麻世妙世界一高品質で世界一高いかもしれないヘンプ生地の購入できます。 トスコ株式会社を調べたところ、麻(リネン・ラミー・ヘンプ)全般の糸や生地の大手紡績会社・生地メーカーのようです。
麻世妙というのは、エイベックス(レコード会社)が支援し、麻生地の研究者・和服の帯匠が関わっている大麻生地の復興プロジェクト。知人に買った人がいて触らせて貰ったが、まさに上質。中国の大麻を日本で紡績しているそうです。

 

タケミクロス

store店 https://takemicloth.stores.jp/
ウェブ直営店 http://www.takemicloth.co.jp/catalog/index/1/14.html

静岡県のリネンを主とした生地屋さん。ヘンプ生地も多数。静岡には直営店店舗もあるとのこと。国内で生地を織っていて、イタリアのヘンプの糸を使っているらしい。
以前ヘンプ関係の知人にヘンプ100%の生地の織るのは難しいと聞いていたのだが、ここではたくさんの種類の生地が置いてあるようだ。

 

M’s 工房

ウェブ直営店 http://www.ms-koubou.com/fabric/hemp.html

アジアのビンテージ生地のお店。ヘンプ生地も数種類のみ取扱あり。

 

ASAFUKU(麻福)

楽天市場店 http://www.rakuten.co.jp/asafukuhemp/index.html
ウェブ直営店 http://asafuku.jp/

ヘンプの小物など以外にも、ヘンプ生地も販売している。中国製の生地や、国産の生地を販売。種類豊富。

 

ファブリックマルシェ

楽天市場店 http://item.rakuten.co.jp/grtrading/c0075/

ヘンプ100の天竺が販売されている!(B反)だけど買ってみたいと思います。

 

ムラカ

ウェブ直販店 http://www.muraka-eshop.com/

iichi店 https://www.iichi.com/shop/mahura

なんだか気持ちよさそうなブランケットなど置いてあります。生地も数点取扱位あり。

 

麻布館

ウェブ直販店 https://shop.asanuno.com/

リネンを中心とした麻の生地屋さん。ヘンプ100%のワッフル生地というのを取り扱っているよう。

 

生地の森

楽天の中にある生地屋さん。店舗はない模様。ヘンプ生地1種のみ確認しました。

 

その他、日本全国のヘンプ生地取扱店を見つけ次第追加していきたいと思います。

世界一品質の高い大麻(ヘンプ100%)生地の購入方法

大麻の生地(布)は古くは縄文の頃から日本人が利用してきた、非常に生活に関わりの深い素材です。天皇の即位の儀式(大嘗祭)には大麻から織った衣「麁服(あらたえ)」が使用されるのはヘンプフリークには有名な話ですが、江戸初期ほどまでは、大麻は世間の衣料素材の一つでした。

現在は日本原産の大麻を使用した生地は、そもそも繊維用の大麻は育てていないので、悲しいことにまず手に入らないわけなのです。
それだけでなく、工業製のヘンプ生地もなかなか安定的に入手するのが困難です。ヘンプ100%の外国産のヘンプ生地でさえも、通常の生地屋さんではほとんど取扱がありません。

で、本題の最高品質のヘンプ100%の生地の購入の仕方について。

なんと、ヘンプアパレル一覧のページでも紹介しているファブリックブランド「麻世妙(まよたえ)」のヘンプ100%生地が購入可能となりました。

http://ramino.biz/majotae.html

以前伊勢丹にこの麻世妙の生地使いのシャツを見に行きましたが、質の高さこれまで見て触ったどの大麻布をも超える品質だったのは、鮮明に覚えています。原料は中国産大麻原料を使用とのことですが、現状「世界最高品質のヘンプ生地」ということは間違いないとのことです。(ヘンプ好き知人・談)

各商品の在庫もあまり多くないようですので、絶対に今が買い!!!

なのですが、お値段高すぎ!ふざけろ!1cmあたり100円!? 50cmからつまり最低5000円から?

1万円/mの生地ですが。

大麻布をもう一度、
日本のスタンダードファブリックに。

http://majotae.com/about/

ふざけすぎぃぃぃぃ!スタンダードとはなんぞや?

国内で糸から作り始めているとかで値段が高くなっているらしいのですが、もはやそこに掲げてあるビジョンを達成するつもりが毛頭無いことを物語った価格設定となっております。

何はともあれ、使用糸の種類や折り方によっては50円/1cm程度の生地もあるようなので、ヘンプ100%生地を買いたい人は、要チェックです。

ちなみに、この「麻世妙(まよたえ)」はエイベックス&伊勢丹ホールディングスとタッグを組んだとの記憶がありましたが、2017年 現在は伊勢丹の名前が消えていることに気が付きました。あんまり採算性が合わなかったのかな?

ヘンプオイル使用の化粧品ブランド一覧

大麻の実(タネ)は、食品として非常に優れており、今やスーパーフードとして注目を集めています。「ヘンプ食品メーカー一覧」では日本で購入できるヘンプ食品を紹介しておりますが、このページでは、麻の実オイルを使用した化粧品をご紹介。

ヘンプ食品はメーカー・輸入業者が急激な勢いで増えています。また、「ヘンプ服・アパレルメーカー 一覧」で確認できますが、ヘンプ衣料のメーカーも増えています。

一方、ヘンプオイルは良質な油脂のため、化粧品・コスメ等にも使用されています。数年前からウォッチはしていますが、あまり取扱いメーカーは多くなく、商品もそこまで増えていません。

今回は、麻の実オイルを使用した基礎化粧品・スキンケア用品をピックアップしました。

(ただしスキンケア・美容用途に対するヘンプオイルの科学的有用性やエビデンスは、色々探しましたが見つかりません。ご存知でしたらお知らせください。)

 

THE BODY SHOP

ヘンプオイル使用のハンドクリーム・リップクリームなど展開。1998年から世界中で販売しているロングセラー商品です。フランス産のヘンプシードオイル使用。100mlの大きなハンドクリームチューブに約950個分の麻の実オイルが使用されている。購入し使ったことはあります。確かに強い保湿力を感じますが、匂いの好き嫌いが別れるところかと。

 

シャンブル

日本のヘンプ化粧品のメーカーといえば、「chanvre」です。カナダ産の良質なオーガニックヘンプオイルを使用とのこと。クレンジングオイル、化粧水(ローション)、石鹸、ベースオイル、ナイトクリームなどのヘンプスキンケア用品各種を販売。

 

ドクターブロナー

アメリカのオーガニック化粧品。http://www.drbronner.jp/concept/certification.html 各国でオーガニック認定など得ているようです。ヘンプオイルも各商品に使用されているようです。量販店で購入可能、

 

中川政七商店 麻之実油のボディケアシリーズ

麻の実油を使用したシャンプー・リンス・ボディソープ・入浴剤・UVカットクリーム・ボディクリーム・ハンドクリーム・マッサージオイル・石鹸など。洒落たデザイン。

 

デニス

男性向けのヘアワックスです。
使用したことがあり、なかなかおすすめです。小洒落たセレクトショップや量販店で購入可能。

 

マラケシュオイル

アルガンオイルとヘンプシードオイル使用だとか。今回はじめて目にしました。口コミ求む。

 

※化粧品の成分表示を確認しよう!
化粧品がどのような原材料を使用しているかは、商品のラベルやウェブサイトに記載されています。ちなみに、原料は「使用量の多い順」に記載されています。ヘンプオイル使用と書かれていても、他の油脂より配合量が少ない場合も多々ありますのでよく確認してください。(※1%未満の原料はメーカーの任意の順番で表示)