大麻の食欲増進作用について。「マンチー」とは?食欲旺盛・味覚鋭敏に

今回は、大麻摂取時におこる「Munchies(マンチー)」という状態について。

マンチーとは

1軽食,スナック.
2[the munchies] 空腹感.

weblioより引用  http://ejje.weblio.jp/content/munchies

アメリカのネット辞典「Urban Dictionaly」(スラングなどの俗語辞典)から引用すると

When you get hungry after smoking weed. Usually people will eat a lot of junk food.

Urban dictionary retrieved from  http://www.urbandictionary.com/define.php?term=Munchies

大麻を吸った後に腹が減る状態。大体の人はジャンクフードをたくさん食べる。(拙訳)となります。

“大麻の食欲増進作用について。「マンチー」とは?食欲旺盛・味覚鋭敏に” の続きを読む

日本国内のヘンプ服ブランド・メーカー一覧

日本でヘンプ衣料を作っている会社やアパレルブランドを紹介していこうと思います。順不同。製品によってはヘンプが使用されていない場合もあるので個別に確認して下さい。機能性も環境へのメリットも非常に高いヘンプがもっと日本に定着するといいなぁと思ってます。(2017年3月更新)

ヘンプ食品メーカー・ブランド一覧はこちら
ヘンプの化粧品などのメーカー・ブランド一覧はこちら
ヘンプ生地通販サイト一覧はこちら

ヘンプ 国内アパレルブランド・メーカー 一覧

Ruderals http://ruderals.com/

最近見つけたヘンプ100%のTシャツを作っているブランド。大麻100%に惹かれ早速買ってみた。→https://www.amazon.co.jp/dp/B01M1Y8W7U クセはあるが思った以上に着心地よし。チクチク感少なくヘンプコットンよりは好き。ヘンプサングラスも取り扱っている。ヘンプ100%の他の製品を待ちたい。

 

Black cat surplus http://blackcatcooperative.com/

カジュアル衣料ブランド。どちらかというとストリート寄り?実物を見る機会があったが、ヘンプコットン素材のプリントシャツなどイケてた。ヘンプコットンのトランクなど良さそう。AMAZONでも買えるみたい→https://www.amazon.co.jp/dp/B01IFCHJA8

 

麻世妙 http://majotae.com/

自然布研究家 吉田真一郎×帯匠 山口源兵衛×三越伊勢丹×エイベックスのプロジェクト。ファブリックブランドとして、コレクションブランド等とのコラボを中心に展開している。総じてパンピーには手に届きにくい価格帯。大麻布はスタンダードファブリックになりうるか?
最近、国産の大麻(精麻)から紡績し生地を作ったとのこと。革命的な事らしいのですが、その製品は一体おいくらに??
<麻世妙の生地を使用したブランド>
伊勢丹オンライン
おそらく三越伊勢丹ホールディングス傘下のブランドから、10種程度の麻世妙生地使用の服が販売されています。pasdecalais
「パドカレ」バックグラウンドはよくわからないですが、こちらも麻世妙使用ブランド。売り切れ商品多数のようです。ブランド詳細はこちらから。

 

lunati Canapa  http://lunaticanapa.jp/

ヨガウェア。ヘンプコットンの生地から開発しているからなのか、大半の商品が受注生産(在庫していない)のよう。カラフル。

 

Green cover  http://www.gallet.co.jp/brand/green-cover/

株式会社ギャレットって会社のブランド「green cover」(たぶん靴下のみ)。OEM・卸屋で、coen、jeans mate、ドン・キホーテなんかでも売られていた。ヘンプの混率はめちゃくちゃ少なそうだが、手ごろな価格については◎。試しに買ってみては?

 

go hemp http://www.gowest.jp/

もはやヘンプを使ってない服も多々あるけど、デザイン性の優れたアパレルブランド。アメリカンカジュアルをベースに、アウトドア・フェス感が強い。レディース・メンズともにZOZOTOWNなどでも取り扱われてたりしています。作りとデザインはどのペンプブランドよりイケてる。

 

a hope hemp http://www.ahopehemp.com/

「ヘンプソックス」「ヘンプTシャツ」で有名。カラフルでおしゃれなソックスが多く、自然食品店や雑貨屋さんなんかでも取り扱いがあり、目にすることも多い気がする。今度買ってみる。ソックス買ってみた。耐久性○、デザイン○、機能性△ ソックスのヘンプの混率は少ない。

 

phatee wear http://www.phateewear.com/

海外ブランドっぽいのだが、海外のサイトが見当たらない謎。manastash と同じくRobert Jungmannという人が作ったブランド。らしい。よくわからんのでもう少し調べる予定。アウトドア系。

 

かぐれ
楽天 公式通販サイト
公式サイト http://www.kagure.jp/

アーバンリサーチの天然素材・ナチュラルコスメなどのブランド。日本の様々な工場・ブランドとのダブルネーム商品の展開が中心。

 

enishi http://www.enishi.biz/

沖縄から発信するヘンプアパレルブランド。

 

HiHiHi http://hihihi.co/
ヤマタマ http://www.magic-theater.org/other-items/hihihi_yamatama.htm
あちゃらか http://www.magic-theater.org/other-items/accha.htm

久々にサイトを覗いたら、リニューアルされてgoodなウェブサイトに更新されていた模様。イケてる集団ですね。ヘンプ系アパレルで一番イケてる感じ。

 

Payaka http://payaka-onlineshop.com/

ヒッピー系のお店で、独自ブランドも幾つかあるみたい。こういうの好きな人はとことん好きなんだろうなぁというブランドです。

 

rainbow water http://rainbow-water.jp/

タイのフェアトレードヘンプということらしいです。ナチュラル系。

 

tokyo hemp connection http://tokyohempconnection.com/

略してTHC(笑)ナイスなネーミングです。2015年頃から更新されてませんね。もう廃業されたんでしょうか。気になるところです。数少ないヘンプ×ストリートっぽいブランドです。すでにブランドは廃止しているようです。オーナーはヘンプが関係ないアパレルで勝負しているとかいう噂です。

 

Orimina http://www.oromina.com/

ヘンプ系のアパレルを取り扱う小売店さんですが、オリジナルブランドも。海外ヘンプブランドも積極的に取り扱っている模様。店内の雰囲気も非常によいお店です。

 

Planeta Organica http://planeta-organica.com/

オーガニックコットンやヘンプなどにこだわり、タイでものづくりを行なっている模様。

 

renature http://renature.jp/

古くからヘンプ系の服を作っている。Tシャツ・パーカーなど。Le”a Lani(レアラニ)という姉妹ブランドもあり。満月の布というのもここのブランドか?(満月の布の説明がすごく胡散臭い。)

 

ASAFUKU(麻福) http://asafuku.net/

靴下・手袋・マスク・寝具など、他で取り扱いの少ない商品が多い。また、ヘンプの生地・糸などの取り扱いも。積極的な情報発信がGood。

 

大麻堂 http://www.taimado.com/

言わずと知れた大麻堂。喫煙具のみならず、多岐にわたる製品を販売しております。服・衣料品も各種取り扱ってるようです。

 

うさと http://www.usaato.com/

タイのヘンプを手紬糸を使用ということらしいです。作務衣とか、貫頭衣みたいな服とか、ざっくりした服のイメージ。

 

忠兵衛 http://hemp-chubei.jimdo.com/

こちらも、作務衣とか貫頭衣みたいな服。なんというジャンルなのでしょうか。教えて下さい。

 

 

 

スカパー「BAZOOKA!!!」2017年 医療大麻特集が面白い!

2017年1月と2月にスカパー「BAZOOKA!!!」にて医療大麻の特集が組まれていました。大麻に興味がある方は、すでにご覧になった方が多いかと思います。
第一回は医療大麻賛成派の3人識者が、それぞれの立場から医療大麻の必要性を主張し、スタジオのタレントさんたちからは質問・疑問をぶつけると言った内容でした。(慢性的な神経性の痛みを軽減するために、アメリカで医療大麻を処方してもらった日本人のインタビューもあり。)
世間的にはショッキングだったのか、ネット上で色々と物議を醸したようです。それなりの反応だったからか、続編ということで2月の第二回。
第二回では、医療大麻反対はとして現役の医師と元厚生労働省麻薬取締官(通称マトリ)の2名が参戦。討論形式での番組進行となりました。

“スカパー「BAZOOKA!!!」2017年 医療大麻特集が面白い!” の続きを読む

ヘンプ生地の購入方法 購入サイト一覧

先日、「世界一高品質なヘンプ生地の購入先」をご紹介しましたが、ヘンプの布の購入先は日本ではあまり多くないのが現状です。日本でヘンプ生地が購入できる日本のサイト・企業の一覧を情報収集しまとめてみました。

その他、日本のヘンプ ブランド・メーカー一覧、(海外ヘンプブランド一覧ヘンプ食品メーカー一覧ヘンプ化粧品メーカー一覧など、ヘンプまとめもチェックしてください。

 

ラミノ(トスコ株式会社) http://ramino.biz/index.html

麻世妙世界一高品質で世界一高いかもしれないヘンプ生地の購入できます。 トスコ株式会社を調べたところ、麻(リネン・ラミー・ヘンプ)全般の糸や生地の大手紡績会社・生地メーカーのようです。
麻世妙というのは、エイベックス(レコード会社)が支援し、麻生地の研究者・和服の帯匠が関わっている大麻生地の復興プロジェクト。知人に買った人がいて触らせて貰ったが、まさに上質。中国の大麻を日本で紡績しているそうです。

 

タケミクロス

store店 https://takemicloth.stores.jp/
ウェブ直営店 http://www.takemicloth.co.jp/catalog/index/1/14.html

静岡県のリネンを主とした生地屋さん。ヘンプ生地も多数。静岡には直営店店舗もあるとのこと。国内で生地を織っていて、イタリアのヘンプの糸を使っているらしい。
以前ヘンプ関係の知人にヘンプ100%の生地の織るのは難しいと聞いていたのだが、ここではたくさんの種類の生地が置いてあるようだ。

 

M’s 工房

ウェブ直営店 http://www.ms-koubou.com/fabric/hemp.html

アジアのビンテージ生地のお店。ヘンプ生地も数種類のみ取扱あり。

 

ASAFUKU(麻福)

楽天市場店 http://www.rakuten.co.jp/asafukuhemp/index.html
ウェブ直営店 http://asafuku.jp/

ヘンプの小物など以外にも、ヘンプ生地も販売している。中国製の生地や、国産の生地を販売。種類豊富。

 

ファブリックマルシェ

楽天市場店 http://item.rakuten.co.jp/grtrading/c0075/

ヘンプ100の天竺が販売されている!(B反)だけど買ってみたいと思います。

 

ムラカ

ウェブ直販店 http://www.muraka-eshop.com/

iichi店 https://www.iichi.com/shop/mahura

なんだか気持ちよさそうなブランケットなど置いてあります。生地も数点取扱位あり。

 

麻布館

ウェブ直販店 https://shop.asanuno.com/

リネンを中心とした麻の生地屋さん。ヘンプ100%のワッフル生地というのを取り扱っているよう。

 

生地の森

楽天の中にある生地屋さん。店舗はない模様。ヘンプ生地1種のみ確認しました。

 

その他、日本全国のヘンプ生地取扱店を見つけ次第追加していきたいと思います。

おすすめ医療大麻必読書「医療大麻の真実」(福田一典)

「大麻の安全性」と「大麻の有効性」について、医学的な検証を行っている書籍です。筆者は元国立がんセンター研究所にて癌の予防を研究されてきた、医師の福田一典氏。

昭和28年福岡県生まれ。昭和53年熊本大学医学部卒業。
熊本大学医学部(外科)、久留米大学医学部(病理学)、北海道大学医学部(生化学)、米国バーモント(Vermont)大学医学部(生化学)にてがんの臨床や基礎研究を行う。
平成4年から株式会社ツムラ中央研究所にて漢方薬理の研究に従事し、平成7年から国立がんセンター研究所にてがん予防の研究を行う。
平成10年から岐阜大学医学部東洋医学講座にて、東洋医学の臨床及び研究や教育に従事。
平成14年5月に銀座東京クリニックを開設し、がんの漢方治療と補完・代替医療を実践している。

現在は開業医としてがん医療の現場で、多くの患者さんに治療を行っているとのこと。

実は大麻は抗がん剤による全身の痛み、食欲減退・吐き気、不眠などの症状全てに有用性が認められ、副作用が限りなく小さく、クオリティーオブライフを高めることができると言われています。(※日本では全人口の二人に一人は癌に罹患する可能性があります。)

現場の医師がその有用性を解説しており、活用をするべきだと至るには、当然医学的なデータや臨床試験を確認しているわけですが、本書では下記のような目次で、大麻の医療使用に関する基本情報から、各疾病へどのように作用するのかなどを簡潔にまとめてあります。

大麻に興味がある人は必ず読むべきですし、まだまだ大麻の医療活用について疑っている人は、是非一読することをオススメいたします。

《目次》
第1章 大麻の医療使用の歴史
第2章 大麻はタバコや酒よりも害が少ない
第3章 大麻草成分に反応する体内システム
第4章 がん治療と医療大麻
第5章 疼痛と医療大麻
第6章 神経難病・てんかんと医療大麻
第7章 消化器製疾患と医療大麻
第8章 大麻成分の相乗効果(アントラージュ効果)
第9章 大麻取締法第四条:大麻の医療使用の禁止
(※本書より抜粋)

Weedend的にオススメの読みどころ。
第3章はなぜ大麻が人体に効くのか、その仕組みを解説。ここを理解すると、大麻がなぜ医療用途となりえるのか説明できるようになります。(流石に難しい医療用語がでてきますので難しい内容ではありますが。)