産業用大麻(ヘンプ)の活用用途とメーカーのまとめ

産業用大麻(ヘンプ)とは、THCの濃度が低く、産業用に利用される大麻の総称です。ヘンプは、太古から人々が利用してきたもので、主に繊維用途や、縄の材料などとして活用されてきました。

産業技術の革新とともに活用用途も広がり、また、ヘンプの「農薬がほとんど不要・灌漑も不要」というエコフレンドリーな特性が再評価されています。

このページでは、産業用大麻(ヘンプ)の活用用途とその製品・メーカーなどをご紹介したいと思います。

 

アメリカのマリファナ情報発信サイト「Potnavi(ポットナビ)」

以前紹介した「シアトル初日本人向け大麻ツアー エメラルドアメリカ」の運営者マイクさんより、北米のマリファナ情報サイトのオープンのお知らせを頂きましたのでご紹介。

Potnavi 
https://potnavi.com/

Pot(大麻)navi ということで、主にアメリカ・北米のマリファナ事情を中心に、最新ニュースや現地でのルール・規制等について詳細をまとめていらっしゃいます。
今後、アメリカ旅行のついでにマリファナを体験したい!という方は要チェックなウェブサイトです。
アメリカは各州によって、合法大麻についての規制・ルールが異なりますので、面倒を起こさないためにも、事前の情報収集は大事です。それでも不安がある人は、シアトルに行ってマイクさんのツアーを利用・参加してはいかがでしょうか?

また、マイクさんは日本に長年住まれていたこともあり、日本語が非常に堪能ですので、英語に自信がない方も安心かと。

では、せっかくですので、Potnaviより、weedend 主宰によるオススメ記事5選をご紹介!

“アメリカのマリファナ情報発信サイト「Potnavi(ポットナビ)」” の続きを読む