コロラド州 日本人向け大麻ツアー

「雑記」カテゴリ作ってみました。よろしくお願いします。

—————————-

「コロラド州 日本人向け大麻ツアー」ってビジネス、誰かやってませんかね。

ここ数日、コロラド州の大麻合法化に伴っていろいろ考えてたら「大麻体験ツアー」思いつきました。英語が苦手な人向けの体験ツアー。

流行?の体験ビジネスですね。旅行系のビジネスをやっている会社なら一度考えてみては?自分がそういう仕事をしているなら、すぐ企画したいですね。嗜好目的よりも、むしろ医療大麻目的で使用したい方で、英語が苦手な人に訴求できるかもしれません。

以下適当に思いついた大麻体験ツアービジネス

 

・「大麻体験を良いものにする10の方法」「初の大麻体験で守るべき5箇条」みたいな、読みやすく分かりやすい説明書的なサイトを作りる。

・英語がぺらぺらな専属の日本人スタッフが空港まで出迎えるなど、英語が全く話せない人でも参加できるような状況を作る。

・宿泊施設は大事なので、十分なプライベート空間を提供。映画や音楽やおいしい食事が楽しめるような部屋作り。また、その宿の敷地なんかにゆったり座れるベンチや家庭菜園なんかがあってもさらによい。

・もちろん、喫煙自体や煙を吸い込むことに抵抗がある人も多いので、ヴェポライザー(気化蒸気で吸える)の完備、経口摂取のためにクッキーなども用意しておく。なお、初めての人のために適切な量を説明し、吸いすぎによるバッド体験が起きないように配慮。

・過激な情報(?)を求める傾向がある2ちゃんやはてぶ、その他ウェブメディアなどで取り上げてられるように、SNSを上手に利用する。おもてなし精神あふれるサービスと良い体験をさせてあげることができれば、口コミが広がる可能性もある。

・プライバシーへの配慮は絶対。「ニックネームでお名前呼びますオプション」とかあってもいいんじゃないかな。

・アメリカで骨を埋めるつもりの人なら、顔と実名をだして責任とリスクを負えば、もしかしたらこのビジネスはうまくいくかもしれない。なにより、大麻が大好きな人なら大麻を広めるということを職業にしたい人だっているはず。

あーでもやっぱカリフォルニアとかニューヨークとかハワイとかが合法化されれば一気に需要なくなりそうで微妙かな。。。?

というか、オランダ 大麻ツアーで探してもやってないってことは需要ないのかな…うーん。。。

潜在的なニーズはあるとは思うんだけど、どうやって掘り起こしていくのかというのは大きな課題かもしれな。

まぁいいか。このことはもう少しウォッチして行こうと思います。もし「コロラド州 大麻ツアー」ご存じの方いたらこちらのブログで紹介するので是非とも教えてください。

“コロラド州 日本人向け大麻ツアー” への6件の返信

  1. 良いアイデアですけど、難しいと思います。
    USAからの身分署名を持っていない人は買うことできません。

    1. 今更の返信ですが、コメントありがとうございます。
      調べてみますと、パスポートがあれば購入可能だそうですね。解禁から一年、多くの日本人も試してるでしょうね。

    1. コメント&情報提供ありがとうございます。これは、初めてトライする前に色々と勉強させていただいたエンセオーグさん。
      このお方なら、いい先達としてエスコートしてくれそうで安心できますね。

    1. マイクさん、コメントありがとうございます。
      シアトル発→ワシントン州でシアトルもワシントン州なので、大麻合法なんですね。2時間半の見学ツアーということで非常に面白そうですね~
      ただ、もう少し具体的なプランとか日程を書いた方が、日本人には優しいかなぁと思います。若者以外にも大麻に興味がある人はたくさんいると思いますが、(ただでさえ外国なのに)どういう日程で、購入後どこで試したらいいのかとか、詳細が分からないことだらけでなかなか参加しづらいかと思います。
      西海岸で日本からも近い方なので、うまいことツアー内容を告知すれば、多くの人が遊びに行きたいところではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。