大麻のSEX〜マリファナ・ヘンプの「雄株・雌株・雌雄同株・雌株優勢・フェミナイズド」について

今回は、大麻(産業用ヘンプ・マリファナ)のSEX(雄・雌)についてまとめてみます。

産業用大麻(ヘンプ)についての解説をしているウェブサイトなどでは、大麻はは雄株と雌株によって交配する、(オス・メスが分かれている)「雌雄異株(しゆういしゅ)」の植物と説明されています。
ですが、特にヒトとの関わりにおいて大麻(マリファナ・ヘンプ)における性別は、単純な性差異というだけにとどまる話では無いので、もう一歩踏み込んだ話をと思います。

長文になってしまったので目次を作りました。

“大麻のSEX〜マリファナ・ヘンプの「雄株・雌株・雌雄同株・雌株優勢・フェミナイズド」について” の続きを読む

大麻で22人摘発!8kgは8万回分以上(当社比)長野県と大麻について

本日はとんでもない大麻ニュースが飛び込んできましたね。

移住先で大麻所持容疑、22人を逮捕 うち12人が夫婦
朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASJCT3F2QJCTUTIL00M.html

NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161125/k10010783671000.html

一気に22人の逮捕はここ10年くらいで一番大きな逮捕劇ではないかと思います。

8㎏の押収量とは

今回は、約8kgの乾燥大麻と数本の大麻草が押収されたというこです。
これ、麻薬取締部は「1万6000回」の使用量としてますが、一人で一回使うのは0.1gもあれば十分です。一人で使えば、「8万回使用分」の大量の大麻かと思います。
人間が一生に吸える大麻の量くらいはあると思うんですねー
(品質にもよりますが、3〜4人で0,5gを無駄なく使えば、3〜4回くらいは回して吸えるんでは。一晩はまったり過ごせそう。)
また、大麻クッキーを作ったりと相当な大麻愛好家達だったかと思われます。

as20161125001350_comm as20161125001338_comm

画像を見る限りでは、「アウトドア(室外)」で育てた大麻のようですね。(インドアで肥料・光量などを調整して育てたものは、もっと密度がある)
無駄な葉っぱのトリミングとかもされて無くて、結構荒い扱いしてそうな感じ。しっかり保存しないとカビ生えちゃうよ。とにかく、暴力団など以外でこれだけの量を保持しているのは、なかなかだなぁと。

長野県と美麻村と大麻

今回捕まった方の一人の所在地は「長野県大町市美麻」
なんとも皮肉なことに、「美しい麻が取れる」ことが地名の由来となっている場所だったのです。
2006年の市町村合併前は「美麻村」と呼ばれていました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%8E%E9%BA%BB%E6%9D%91
もちろんこの美麻村の由来の麻は、同じ大麻でも繊維用の大麻(産業用ヘンプ)だったのですが、大麻・ヘンプ愛好家にはよく知られた名前です。(30年程度前は、伝統用途用の大麻栽培が行われていたようです。)

この人達は、そんな「美麻」に引き寄せられた人だったのかもしれませんね。

ちなみに、美麻村だけでなく長野県はかつては大麻栽培が盛んな土地でした。美麻村の「山中麻(さんちゅうあさ)」と呼ばれるブランド麻でした。他にも麻績村(おみむら)といった、「麻の糸を績(う)む」という意味の地名なども残っています。
長野県の険しい山間部では、畑作が中心だったわけですが、とりわけ、大麻栽培と蕎麦の栽培はセットで行われていたようです。(そういえば善光寺の七味にも大麻の種子は入っていますね。)
また、温泉地に行けば、大麻の茎の繊維を剥がしやすくするために温泉に漬ける「麻釜(オガマ)」が残っていたりと、実は大麻栽培の名残が色濃い土地なのです。

雑感

たくさんの大麻を所持していたようですが、ヤクザマネーになるわけでもなし、(個人の嗜好の範囲で)社会的損失が無いようなケースの逮捕は、やっぱりいくら法律があるといっても納得できないんだなぁ。(リバタリアン的な考えです。)長野で取れるぶっ飛びキノコ「ベニテングタケ」の栽培所持だったらOKだったのかな?大麻のほうが遥かに安全なんだけど、法律ってそういうことだもんなぁ。うーん、悲しいかな、とにかく日本では大麻は吸わないのが一番です。おわり

伝統業界の大麻への理解度?

本日は雑記。やっぱり世界にはいろいろな考えの人がいるなぁと改めて思った。と同時に改めて自分の大麻草(ヘンプ・マリファナ)への考えを改めて示したいと思った。

ここ最近、芸能界の薬物がらみの事件が多かった。歌手と野球選手だ。どちらも覚せい剤の所持・使用などで逮捕されたようです。

このような事件が起きると、確実に大麻も一緒くたに扱われるのがこの日本の現状です。大麻関連の活動を行っている人は、日本の現状についてため息を吐くわけですが、こんなブログを見つけました。
http://shikkui.denden-kyokai.com/2014/11/blog-post_20.html

この方は、漆喰(しっくい)の普及?を行っているようです。いわゆる伝統素材ですね。漆喰には主に植物の靭皮繊維(すさ)を混ぜて使用するらしいのですが、大麻のそれは最上級とされているとのこと。

もちろん、漆喰の専門の方だからかもしれませんが、いわゆる一般の人より大麻に詳しいだろう人が、「ダメ!絶対!」の喧伝している状況です。さらには、びっくりな一言。

私は「文化のために栽培を増やすべきだ」とは考えておりません。

基本的にTHC成分をほぼ含まない産業用大麻しか育てていない現状で、その栽培量を増やすことでどうすれば犯罪が増えることにつながるのか、論理的に意味がわかりません。

大麻農家さんや伝統産業に関わる人がマリファナ(医療・嗜好大麻)に対して距離を置くのは理解ができます。一緒くたにされることで、ビジネス・生活にも影響があるでしょう。でも、上記の一言は、国内での大麻栽培の伝統をも摘み取ってしまうかのような言葉です。

神道なんてなんのドグマもない、ほとんど形式のみの宗教なのに、そこから大麻素材までもなくしちゃってきていてどうすんの状態なのに。

 

伝統的に愛され活用されてきた植物で、まだまだ活用されてない力を秘めている大麻ですが、その一つの側面しか見ていないと、こんなにも残念な意見が出てくるんですねぇ。。。

コロラド州 日本人向け大麻ツアー

「雑記」カテゴリ作ってみました。よろしくお願いします。

—————————-

「コロラド州 日本人向け大麻ツアー」ってビジネス、誰かやってませんかね。

ここ数日、コロラド州の大麻合法化に伴っていろいろ考えてたら「大麻体験ツアー」思いつきました。英語が苦手な人向けの体験ツアー。

流行?の体験ビジネスですね。旅行系のビジネスをやっている会社なら一度考えてみては?自分がそういう仕事をしているなら、すぐ企画したいですね。嗜好目的よりも、むしろ医療大麻目的で使用したい方で、英語が苦手な人に訴求できるかもしれません。

以下適当に思いついた大麻体験ツアービジネス

 

・「大麻体験を良いものにする10の方法」「初の大麻体験で守るべき5箇条」みたいな、読みやすく分かりやすい説明書的なサイトを作りる。

・英語がぺらぺらな専属の日本人スタッフが空港まで出迎えるなど、英語が全く話せない人でも参加できるような状況を作る。

・宿泊施設は大事なので、十分なプライベート空間を提供。映画や音楽やおいしい食事が楽しめるような部屋作り。また、その宿の敷地なんかにゆったり座れるベンチや家庭菜園なんかがあってもさらによい。

・もちろん、喫煙自体や煙を吸い込むことに抵抗がある人も多いので、ヴェポライザー(気化蒸気で吸える)の完備、経口摂取のためにクッキーなども用意しておく。なお、初めての人のために適切な量を説明し、吸いすぎによるバッド体験が起きないように配慮。

・過激な情報(?)を求める傾向がある2ちゃんやはてぶ、その他ウェブメディアなどで取り上げてられるように、SNSを上手に利用する。おもてなし精神あふれるサービスと良い体験をさせてあげることができれば、口コミが広がる可能性もある。

・プライバシーへの配慮は絶対。「ニックネームでお名前呼びますオプション」とかあってもいいんじゃないかな。

・アメリカで骨を埋めるつもりの人なら、顔と実名をだして責任とリスクを負えば、もしかしたらこのビジネスはうまくいくかもしれない。なにより、大麻が大好きな人なら大麻を広めるということを職業にしたい人だっているはず。

あーでもやっぱカリフォルニアとかニューヨークとかハワイとかが合法化されれば一気に需要なくなりそうで微妙かな。。。?

というか、オランダ 大麻ツアーで探してもやってないってことは需要ないのかな…うーん。。。

潜在的なニーズはあるとは思うんだけど、どうやって掘り起こしていくのかというのは大きな課題かもしれな。

まぁいいか。このことはもう少しウォッチして行こうと思います。もし「コロラド州 大麻ツアー」ご存じの方いたらこちらのブログで紹介するので是非とも教えてください。