アジレント・テクノロジーズ (NYSE: A)|大麻関連株式銘柄

化学分析機器 業界最大手のグローバル企業

アジレント・テクノロジーズは、化学分析機器や電気・電子計測機器の開発・製造・販売・サポートを行う業界最大手の企業です。

国内では薬物検査機器、海外では大麻製品品質検査機器

アジレント・テクノロジーズは多岐にわたるビジネスを行っているのですが、大麻に関連する事業や製品について調べました。
日本語版ウェブサイト https://www.chem-agilent.com/とワールド版ウェブサイト https://www.agilent.com/ で「カンナビノイド・Cannabinoid」と検索してみました。日本では薬物スクリーニング系情報が記載されています。

日本版ウェブサイト
不活性化 (inert) イオン源 GC/MS を用いた口腔液中カンナビノイド類の分析
https://www.chem-agilent.com/pdf/00064848.pdf
生体サンプル中のカンナビノイド (THC) の測定
https://www.chem-agilent.com/appnote/pdf/5991-1609JAJP_LR.pdf

対して、ワールド版のサイトでは、ガスクロマトグラフィーなどによる嗜好・医療大麻の品質検査の検査情報の記載が目立ちます。

海外版ウェブサイト
Cannabis Testing Solutions
https://www.agilent.com/en-us/promotions/cannabis
Laboratory Workflows for Cannabis Testing Webinar Series
https://www.agilent.com/en/training-events/eseminars/cannabis
(もちろん、合法ハーブ(合成カンナビノイド)の同定など、薬物検査関連の情報もあります。↓)
https://www.agilent.com/search/?Ntt=cannabinoid

大麻合法化で必ず儲かる分析機器メーカー

アメリカにおける医療・嗜好用マリファナ関連製品は、各州の法規制で、一般農産物・食品などと同様に重金属・農薬・カビなどの検査が必要ですが、さらに各カンナビノイドの含有量についてもロット単位での報告が義務付けられている場合もあります。
また、産業用ヘンプから抽出できるCBDも同様に成分検査をするケースがほとんどです。
法的制限などで先行きが不安定な大麻栽培関連やカンナビノイド製薬関連企業と比べると、直接的なリスクが極端に小さいにも関わらず、合法化が進むと必ず儲かるのが分析機器業界です。

以上のような理由で、産業用ヘンプ&医療・嗜好用マリファナの解禁が進めば進むほど、アジレントが得意とする検査機器やサービスが確実に必要となってきます。

楽天証券 マネックスどちらでも購入可能です。

ネット証券で購入できる大麻(マリファナ・ヘンプ)産業 関連銘柄一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。