祝!コロラド州 アメリカ初の大麻合法化

2014年の幕開けは、大麻が気になる人なら誰もが喜んだニュースと共に迎えました。

日本でもNHKなどのメディアでもその一報が伝えられたようです。つい先日も、大麻合法化に対するアメリカ国民の世論調査が、続報のように放送されていました。

米 大麻の合法化は世論を二分 (NHK News web)

要約すると、大麻の合法化について49%が「賛成」、48%が「反対」という結果になったということです。なかなか多くの人に驚きを与えたニュースだったのではと思います。

今回の報道において天下の公共放送であるNHKさんに曖昧にしないで頂きたいことが一点だけあって、

ただ、大麻は中毒性や健康への悪影響があることも医学的に明らかになっていて、アメリカではしこう品としての使用をどこまで認めるべきななのか意見が分かれています。

これは

ただ、大麻は、お酒やタバコ・カフェインなどと同様に中毒性や健康への悪影響があることも医学的に明らかになっていて、アメリカではしこう品としての使用をどこまで認めるべきななのか意見が分かれています。

と、最悪でもこの程度の内容に直してほしいなあ。その大麻の中毒性が程度のものなのか、既に明らかになっている情報ですからね。それぐらいはリサーチしてるはずですしね。より中立で誤解を生み出さない表現にしてもらいたいものです。

ちなみに、管理人の知人(大麻はあまり好きじゃない。お酒を断然好む。)が正月に家族でコロラド州合法化のニュースを偶然見たそうですが、怪訝な表情に変わっていく家族の表情が見て取れたとのこと。「アメリカ人は痲薬ばっかりやって本当にもう」とか呟いていたとか。

まだまだこれが日本の現状なんですよね…(終)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。