市販されてる「麻の実」から大麻を育てても意味ないよって話。

最近、有名人が大麻取締法でつかまったすぐ後に、京都で「鳥の餌の麻の実」から大麻を栽培したとして逮捕されたニュースがあった。

http://mainichi.jp/articles/20161101/k00/00e/040/191000c

いろんな意味で心底アホだなぁと思っていたました。
するとその翌日くらいに、ロケットニュースが下記記事を公開。

【大麻栽培】鳥の餌「麻の実」を発芽させて逮捕された京都の男についてドラッグ事情通に話を聞いてみた

このロケットニュースには、運営者の中に大麻好きのライターがいるのか、割と大麻(ヘンプ・マリファナ)について肯定的な記事を書いてきていることは知っていた。大麻事情通の「ボブ麻亜礼」とライターの問答形式をとっており、誰にでも読みやすく書かれている。

だけれども、今回の「鳥の餌の麻のみから大麻栽培」に対する事情通「ボブ麻亜礼」の視点がどうもボケボケな印象でした。(てか本当に大麻事情通?であるなら、もう少し有益な情報を世間にお知らせしましょうよ!)

ということで、変わって私が突っ込み入れますね~。

市販の麻の実から大麻を栽培して吸ってもほぼ意味ないよ!だから真似するのはバカバカしいです。

ロケットニュースの記事書かれている通り、国内で流通している種(殻付き)は基本的に加熱処理され発芽できないものしか流通していないはずですので、鳥の餌の麻の種子が発芽したのは奇跡に近いことかもしれません。(運が良いのか悪いのか…)

ただし、鳥の餌になるような麻の実ってのは、現状ほとんどが中国産なんですねぇ。で、その中国で栽培される大麻ってのは、基本的には産業用大麻(ヘンプ)で、THC(陶酔性のある化学物質)の濃度が極端に低い品種のみしか栽培されてないんです。(中国は麻薬に対してめちゃくちゃ厳しいからね。規制ばっちり。)
日本の大麻の品種・世界の大麻の品種を参照ください。

仮に中国産でないとしても、基本的に産業用品種の大麻の種子であることがほとんど。(なぜなら各国大麻栽培について規制があるから)

上を理解していただければ自ずと分かるんですが、頑張って「鳥の餌の麻の実」を発芽させ、うまく栽培することができたとしても、その大麻は産業用大麻・・・つまりTHCがほとんど含まれていないということになります。

京都で捕まったひとの大麻栽培の目的が大麻喫煙だったとするなら、

うーん、非常に馬鹿らしい!!!

 

なお、THC含有量の低い産業用大麻であっても、自家播種を何世代にも続けているとTHC濃度が上がることはあるようです。ただ、製品として出荷される種は 第一世代(同系統の品種の両親を持つ)ですので急激にTHC濃度があがるとは考えにくいです。
(ちなみに、日本のとある地域の伝統用の大麻は、栃木県のTHCを含まない品種を何十年も前に分けてもらい、現在まで自家播種をつづけていてるが、THC含有量は低いままで特に変化が起きていないらしい。地域行政が毎年THCを検査しているとのこと。)

もしも「鳥の餌の麻の実(だいたい中国産)」から、ハイクオリティーの嗜好用マリファナを作りたいのであれば、加熱処理された種子から発芽するものを探し、しかも雌株と雄株を両方を見つけ出し、何世代も交配を行う必要がありそうです。
さらに、中国で栽培されているのは、背丈が2m~3mまで育つような産業用大麻です。当然のことながら室内栽培に適した品種ではありません。常に成長点を切ったりして背丈が高くならないように対応するとか、また、HIDランプを炊き続ける(電気代かかるらしい)とか、とにかく涙ぐましい努力が必要になります。それでも確実に高THCの大麻が作れるとは限りません。
逮捕され生活が破壊される危険性を持ってして、ここまでやりますか!?笑

結論:嗜好目的や自己治療のために大麻栽培を考えていたとしても、「鳥の餌の麻の実」を発芽・栽培させるのはやめたほうが良い!意味なし!ダメ!絶対!

こんなので捕まって名前が全国に轟くとか本当にバカバカしい!一生ネットに名前が残るんですよ。

終わり。

※蛇足ではありますが、ニュース本文には「新芽を摘み取って~」とありますが、これだと葉っぱを喫煙しているような表現ですが、基本的には成熟した花穂刈り取り、乾燥させる必要があります。(乾燥時にTHC濃度が上がります。)

※あと、今回の事件は栽培についてのある程度の知識と、周到な用意がされていたようなので、実際のところ、知人などに譲り受けたインドアグローの種子だったのではないかと睨んでいます。知人や輸入者を庇うために「市販の鳥の餌」と言っているのでは?わからんけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。