大麻で22人摘発!8kgは8万回分以上(当社比)長野県と大麻について

本日はとんでもない大麻ニュースが飛び込んできましたね。

移住先で大麻所持容疑、22人を逮捕 うち12人が夫婦
朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASJCT3F2QJCTUTIL00M.html

NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161125/k10010783671000.html

一気に22人の逮捕はここ10年くらいで一番大きな逮捕劇ではないかと思います。

8㎏の押収量とは

今回は、約8kgの乾燥大麻と数本の大麻草が押収されたというこです。
これ、麻薬取締部は「1万6000回」の使用量としてますが、一人で一回使うのは0.1gもあれば十分です。一人で使えば、「8万回使用分」の大量の大麻かと思います。
人間が一生に吸える大麻の量くらいはあると思うんですねー
(品質にもよりますが、3〜4人で0,5gを無駄なく使えば、3〜4回くらいは回して吸えるんでは。一晩はまったり過ごせそう。)
また、大麻クッキーを作ったりと相当な大麻愛好家達だったかと思われます。

as20161125001350_comm as20161125001338_comm

画像を見る限りでは、「アウトドア(室外)」で育てた大麻のようですね。(インドアで肥料・光量などを調整して育てたものは、もっと密度がある)
無駄な葉っぱのトリミングとかもされて無くて、結構荒い扱いしてそうな感じ。しっかり保存しないとカビ生えちゃうよ。とにかく、暴力団など以外でこれだけの量を保持しているのは、なかなかだなぁと。

長野県と美麻村と大麻

今回捕まった方の一人の所在地は「長野県大町市美麻」
なんとも皮肉なことに、「美しい麻が取れる」ことが地名の由来となっている場所だったのです。
2006年の市町村合併前は「美麻村」と呼ばれていました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%8E%E9%BA%BB%E6%9D%91
もちろんこの美麻村の由来の麻は、同じ大麻でも繊維用の大麻(産業用ヘンプ)だったのですが、大麻・ヘンプ愛好家にはよく知られた名前です。(30年程度前は、伝統用途用の大麻栽培が行われていたようです。)

この人達は、そんな「美麻」に引き寄せられた人だったのかもしれませんね。

ちなみに、美麻村だけでなく長野県はかつては大麻栽培が盛んな土地でした。美麻村の「山中麻(さんちゅうあさ)」と呼ばれるブランド麻でした。他にも麻績村(おみむら)といった、「麻の糸を績(う)む」という意味の地名なども残っています。
長野県の険しい山間部では、畑作が中心だったわけですが、とりわけ、大麻栽培と蕎麦の栽培はセットで行われていたようです。(そういえば善光寺の七味にも大麻の種子は入っていますね。)
また、温泉地に行けば、大麻の茎の繊維を剥がしやすくするために温泉に漬ける「麻釜(オガマ)」が残っていたりと、実は大麻栽培の名残が色濃い土地なのです。

雑感

たくさんの大麻を所持していたようですが、ヤクザマネーになるわけでもなし、(個人の嗜好の範囲で)社会的損失が無いようなケースの逮捕は、やっぱりいくら法律があるといっても納得できないんだなぁ。(リバタリアン的な考えです。)長野で取れるぶっ飛びキノコ「ベニテングタケ」の栽培所持だったらOKだったのかな?大麻のほうが遥かに安全なんだけど、法律ってそういうことだもんなぁ。うーん、悲しいかな、とにかく日本では大麻は吸わないのが一番です。おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。