カリフォルニアで大麻を日本人が買えるかどうか調査

カリフォルニア州でレクリエーショナル(嗜好)大麻が解禁されました。カリフォルニア州と言えば、ロサンゼルス(LA)やサンフランシスコ・サンディエゴなどの都市が有名ですね。このカリフォルニアの法規制がどのようになっていて、旅行者である日本人が購入することができるかどうかについてチェックしてみました。

※初心者向け記事「初めての大麻の吸い方・適量」もチェック!

どんな法律?「Adult Use of Marijuana Act(Proposition 64)」

2016年に住民投票にて57%の賛成票を得て成立した法律です。2018年1月より施行されました。大麻の流通を規制管理し課税をするための法律です。ちなみに、課税した税金は、60%が青少年プログラム(薬物教育など含む)、20%が環境再生保全活動、公衆安全(高速のパトロール等含む)に使われるそうです。素晴らしいですね。

では、カリフォルニアへと大麻を求めてきた旅行者に関係のありそうな部分をチェックしましょう。

  • 21歳以上の成人で年齢を証明するIDカードが必要
  • 1オンス(約28g)までの乾燥大麻、もしくは8gまでの大麻濃縮物(大麻オイル・樹脂など)の所持・購入が可能
  • 購入した履歴は記録される
  • 郵送などで購入はできない(販売所によるデリバリーはOK)
  • 喫煙後車の運転は禁止(アルコールのように簡単に検査ができないのですが。)
  • 公共の場所(道端、公園、学校、レストランなど)での喫煙は禁止
  • 大麻を譲渡することは可能(21歳以上、所持上限までであれば)

身分証はパスポートOK?外国人は購入可能?

一番知りたい「外国人(日本人が)が購入できるのか」と言う部分ですが、困ったことに明記されていません。
法律の原文をチェックしましょう。

(4) Sell or transfer cannabis or cannabis products unless the person to whom the cannabis or cannabis product is to be sold first presents documentation which reasonably appears to be a valid government-issued identification card showing that the person is 21 years of age or older.

https://leginfo.legislature.ca.gov/faces/codes_displayText.xhtml?lawCode=BPC&division=10.&title=&part=&chapter=14.&article=

「a valid government-issued identification card(有効な政府発行のIDカード)」で21歳以上であることを示す必要ありということです。

調べてみると、ここでは特に国内の居住地を問われてはいないので、アメリカ在住者は運転免許証でOKとのことらしいです。

日本からの旅行者の場合は、パスポートが有効であるかどうかが問題です。
個人的推測ですが、おそらく提示するIDについて細かく規定していないのは、当然ながら嗜好大麻の解禁は大麻販売による税収だけでなく、観光収入も視野に入れたものだと考えられます。そう考えるとパスポートでも有効そうに考えられます。(外国人の購入がダメと明示もしていないですし)

とはいえ、何かしらの言質が取れないかなぁと思ってましたら、NYTimesのこちらの記事

I reached out to Daniel Yi, the head of communications at MedMen, a company with a chain of dispensaries in Southern California. He said they accept “any official government issued photo ID, including foreign passports.” — Thomas Fuller

とありました。上記は、「メッドメンというサウスカリフォルニアの大麻ディスペンサリーの広報担当ダニエルさんに聞いたところ、「パスポートを含む、正式な政府発行のフォトIDカードいずれか」であれば認めると言った」となります。

ということで、とりあえずパスポートがあれば大麻購入がOKのようです!

事前に要確認。その他チェックポイント

とはいえ、販売所のサイトをチェックしてもなかなか情報は見つからなかったので、外国人への販売をおおっぴらに推奨しているわけではないのかも。
可能であれば、事前に大麻販売所へ電話・メールで問い合わせるのが良いかと思われます。直接販売所を訪ね歩いてもいいかもですね。大麻販売所は都心部には多数あるようですので、数撃ちゃ当たるかもです。

なお、ホテルは基本的に室内禁煙が多いと思いますので、大麻喫煙場所は考えないといけません。喫煙可能な民泊を探すのも選択肢の一つになると思います。
喫煙可能な宿泊施設が厳しいようでしたら、エディブル(大麻加工食品)で摂取するのも手かもしれません。(初めてだと量の調節が難しいので基本オススメしませんが。)

もちろんですが、捕まりたくなければアメリカ国内でも国外でも飛行機には持ち込まない方がよさそう。米国国外は到着後の税関で問題(密輸犯罪)になりますし、米国国内でも(連邦法では未だ違法&州によっては違法なので)見つかると面倒になる可能性が高いようです。
言わずもがな、日本に持ち帰ったら密輸で即逮捕です。帰る前は荷物をひっくり返して、バッグや荷物の隙間に挟まってないか確認が必須です。

以上、カリフォルニア州で日本人が大麻を購入できるかどうかの調査結果でした。また情報があれば更新します。

◯関連記事
カリフォルニア州で大麻が購入&その場で試せるラウンジがオープン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。