大麻の食欲増進作用について。「マンチー」とは?食欲旺盛・味覚鋭敏に

今回は、大麻摂取時におこる「Munchies(マンチー)」という状態について。

マンチーとは

1軽食,スナック.
2[the munchies] 空腹感.

weblioより引用  http://ejje.weblio.jp/content/munchies

アメリカのネット辞典「Urban Dictionaly」(スラングなどの俗語辞典)から引用すると

When you get hungry after smoking weed. Usually people will eat a lot of junk food.

Urban dictionary retrieved from  http://www.urbandictionary.com/define.php?term=Munchies

大麻を吸った後に腹が減る状態。大体の人はジャンクフードをたくさん食べる。(拙訳)となります。

「大麻とお酒の相性について(飲酒時の大麻使用はオススメしません。)」でも少し紹介しましたが、大麻を吸うと食欲が増進され、その状態を俗にマンチーといいます。食欲が増進されるだけでなく、味覚も鋭くなり、普段よりおいしく感じるということがあります。

なお、この食欲増進作用は、大麻の医療用目的での使用用途の一つです。
大麻(大麻のカンナビノイドと呼ばれる主要成分)は、ほかにも吐き気を抑える、よく眠れる、(医療痲薬で取り除くことができない)痛みを抑えるなどの主要効果があります。

大麻の食欲増進作用は、強力な薬による副作用による吐き気や食欲不振に苦しんでいる人(癌患者さん・エイズ患者さん)の治療に役に立つので、実際に先進国では医療目的として利用されています。

実際、本当に食欲がとまらないし、そして食べ物が美味しく感じます。普段美味しいと思ったことの無いものや、嫌いなものでさえ好きになる場合もあります。
口の中に味の広がっていく様子を普段より鋭敏に感じ取れるのも非常に興味深い経験です。今回は、いろんな人から聞いたマンチー体験記をまとめます。

油脂が旨い!

アブラが美味しく感じます。肉や魚から滲み出てくる脂が、舌に広がり浸透していく感覚に感動を覚えます。上記のアーバンディクショナリーに「ジャンクフードをよく食べる」がありますが、ジャンクの多くは油脂がたっぷり使用されたものがものが多いのでこれは納得。チーズも美味しいです。マンチー状態での「油脂の旨み」を感じてからは、「第6の味覚は脂味・油味だと確信した」ほど、油脂の旨さに驚きました。肉の旨味と書いて「脂」納得!!(実際、近年そういう研究報告も上がってきている。

水(冷たい飲み物)が旨い!

人体の60%を構成するとか言われる「水」は、やはり体に馴染みます。特に汗を流した後や蒸し暑い日で、マンチーのときのお水なんかは最高です。喉を潤し、食道を通り胃に流れていき、体に染み馴染んでいく感覚は別格です。水がどこを通っているか、分かる感じです。また、その冷たい温度が胃や食道から体全体に広がっていく感を楽しめます。(冷たい飲み物全般で、似たような感覚を覚えます。)

酸っぱいものが美味しい!

私は根っから酸っぱいもの好きで、梅干しは「梅・塩・しそ」のみしか使っていない酸っぱいものを選びますし、お酢も好きです。
そのため、マンチになるとこの酸っぱいものが更に美味しいんですね。ソルトアンドビネガーの酸っぱいチップスは最高でしたね。梅系のポテチも美味しいです。酸っぱいものは舌先からじんじんと酸味が伝わって、じゅわじゅわきます。このマンチ状態での酸味に対する感覚、好きな人は多いハズ。
個人的には「マンチー時の味覚の身体への伝わり方」で一番気に入っています。

苦手な食べ物まで好きに!

一番驚くべきは、マンチ状態においては、それまで好きではなかったものでも食べられるようになる、ということもあります。
苦味や独特の臭みで苦手な人が多い香草「パクチー(コリアンダー)」ですが、私も嫌いで食べられませんでした。タイに旅行する前にパクチー キン マイ ダイ だけは覚えたほど、嫌いな食べ物でした。
が、マンチ状態でパクチーサラダが出された日、試しに食べてみると、まぁ不思議。いつも苦手に思っている「青臭さ・カメムシ臭さ」が「フレッシュでハーバル、清涼感」に感じたのです。これがパクチーの美味しさか!とその日からパクチーへの苦手意識は全くなくなりました。パクチーが食べられるようになってからは、他の香草についても苦手意識はかなり減っていきました。
この味覚・好みについての感じ方の変化は、自身でもかなり驚きの体験でした。

結論:すべての食べ物がいつもより美味く感じる!

結局のところすべての食物がまぁ美味しくなってしまうわけなんですが、今回は味覚の変化、いつも感じない味の感じ方をしたものをご紹介しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。