【2018年4月】アメリカ 各州の合法大麻の規制状況 まとめ

4月20日は世界中で大麻のお祭りが開催されるわけですが、一部の州では嗜好大麻が完全合法になっているアメリカでは、数多くのイベントが各地で開催されたようです。

当ブログをチェックしている人は、合法的に大麻をアメリカで使ってみたい!という方、アメリカに出張・旅行ついでに!という方も多いかと思います。ということで、(4月20日には間に合いませんでしたが)アメリカ各州・地域の大麻規制状況についても調べてみましたのでご参考ください。(2018年4月時点)

もちろんですが、規制は随時変更もあるかと思うので、最新状況は各々で調べてください。不明点や疑問点はコメント欄にてお知らせください。 “【2018年4月】アメリカ 各州の合法大麻の規制状況 まとめ” の続きを読む

マリファナVSヘンプが栽培解禁になると発生するかも

キーワードは雄株・受粉・シンセミア

日本では、大麻草の栽培は非常に厳しく規制されています。栃木県と一部他県で伝統産業向け・伝統行事向けの栽培が認められているだけです。
他方、海外のカナダ・中国やヨーロッパでは産業用ヘンプの栽培は盛んになってきいます。カナダ・EU・中国は主に産業用大麻(ヘンプ)を主体に、大規模栽培が行われており、多くのヘンプ食品・麻繊維・CBDなどの原料を世界へと供給しています。アメリカは医療・嗜好品向け大麻栽培が活発になっており、一方で産業用ヘンプの栽培規制も緩和され、法整備が整ってきた州もあります。

ますます進んでいくと思われる産業用大麻&医療用大麻ですが、これらは異なった品種を使っております。 “マリファナVSヘンプが栽培解禁になると発生するかも” の続きを読む

カリフォルニア州で大麻購入・喫煙が可能なラウンジ

昨日、カリフォルニア州で日本人が大麻を購入できるのかどうか、いろいろと調べていたのですが、その際、大麻販売所兼その場で大麻を楽しめる許認可済みのラウンジがあることを知りました。

“カリフォルニア州で大麻購入・喫煙が可能なラウンジ” の続きを読む

カリフォルニアで大麻を日本人が買えるかどうか調査

カリフォルニア州でレクリエーショナル(嗜好)大麻が解禁されました。カリフォルニア州と言えば、ロサンゼルス(LA)やサンフランシスコ・サンディエゴなどの都市が有名ですね。このカリフォルニアの法規制がどのようになっていて、旅行者である日本人が購入することができるかどうかについてチェックしてみました。

※初心者向け記事「初めての大麻の吸い方・適量」もチェック!

どんな法律?「Adult Use of Marijuana Act(Proposition 64)」

2016年に住民投票にて57%の賛成票を得て成立した法律です。2018年1月より施行されました。大麻の流通を規制管理し課税をするための法律です。ちなみに、課税した税金は、60%が青少年プログラム(薬物教育など含む)、20%が環境再生保全活動、公衆安全(高速のパトロール等含む)に使われるそうです。素晴らしいですね。

では、カリフォルニアへと大麻を求めてきた旅行者に関係のありそうな部分をチェックしましょう。

“カリフォルニアで大麻を日本人が買えるかどうか調査” の続きを読む

4月20日は「420(フォートゥエニー)」で世界中で大麻フェスが開催!

4月20日は、世界中(特に北米)がマリファナデーとしてお祭り騒ぎになる日です。大麻カルチャーのスラングで、その日は大学や公園などでたくさんの人が一堂に会し、そこらじゅうでマリファナをモクモクしながらその自由を謳歌します。なぜ4月20日なのか?どんな様子なのか、どんなイベントがあるのか気になりませんか?

“4月20日は「420(フォートゥエニー)」で世界中で大麻フェスが開催!” の続きを読む